『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京の高校生たちの想い・・・葛西工業高校の熊本地震支援

一つ前の記事で掲載した 須賀先生より こんなお話がありました。

最初に積木プロジェクトを立ち上げた5年前にも
多くの技術を要するものであることや 学校の規模に応じて装置の有無があるため加工に制限があることなどは知っていたので 学校によって作れる形などが異なることも逆に
おもしろいものだと思っていました。

須賀先生のところは多くの装置があるようで さすが東京の学校という感じです。
今回も積木を作るにあたり 木材加工で学んだ内容が網羅されるものであることを教えてくださいました。

以下 須賀先生からいただいたメールをご紹介します。

**********************************************
①材料を知る

おもちゃを作る上でどんな木が適しているか?色、肌触り、においなど、五感で感じることを知ることができる。

②加工 をする

柔らかい木もあれば堅い木もあり、それらをどのように切り、削り、仕上げるか?
刃物を通すちから加減や、スピードが木によって違うし、同じ形に仕上げても、加工する機械を変えたりもします。

驚くことに、学校にある全ての木工機械を使わないとこの積木はできあがらないのです。
したがって 木工機械の使い方が全て学べるということです。

IMG_2212.jpg

教育の上でも、ただただものを作るのでは無く、その先に“だれがつかうのか?”という人と物との繋がりを学べます。
使う人の対象に合わせて、加工や仕上げを変えていくということが学べます。


・だれ?
 →0~6歳の子ども
・どのように使う?
 →さわる、持つ、口に運ぶ
 →積む、投げる、崩す
 →積む、何かの形にする
(生徒からの回答)

このことから生徒たちは「安全」や「ケガをしない」などのキーワードを生み出し、
口に入らないこと、舐めても安全なもの、触ってもケガをしないものなど色々と考え
積木は口に入らない大きさ、塗料は使わない、角を丸くするなど
ものをつくる上で必要とするものづくりの考え方が学べるのです。
こうして出来た積木は作り手も使う側も優しさに包まれます。

(熊本地震支援用)積木の仕様

【箱】

側面は杉材、フタと底板はシナ合板を使用し、板材の接着はフランクリン製タイトボンドⅢという毒 性がなく、
食品への間接的な接触使用が認められているものを使用しております。

【積木】

材種は「キリ、タモ、サクラ、モチ、ケヤキ、カリン、ヒノキ、ツガ、クスノキ、ホウ」をミックスしております。
積木には熊本県の県木でもある「クスノキ」が入っております。香りが強く、防虫効果があると知られております。
積木を握って痛くない程度に角を丸くしてあります。
仕上げは全ての積木に「蜜ロウワックス」を使用しております。なめても害はありません。
誤飲を防ぐために、3歳児の最大口径39㎜を下回らないように、基尺を4㎝として制作しました。

【ふた】

動物の絵、取手のクローバーはレーザー加工機という 機械で作りました。

IMG_2436.jpg

動物の絵の真ん中に園の名前やクラスの名前などを書くスペースを設けました。

******************************************

というような内容です。
細かなところまで気を配った内容となっていますね。
東日本大震災のときも高校生たちが子供たちの目線で また 親の目線で
先生の目線でものづくりをしていることが印象に残っています。
これ 販売したらいいのに・・とも積木をご覧になった先生方や大人のひとから言われたことを思い出します。
相手のことを思いやる気持ちが製品となり 優しい風合いもあり 安全性に富んだものとして使う側も安心して使えるということが実証されています。

木材の家屋に住む日本人ならではの木材に対する深い想いが伝わってきます。
どうか東京都の工業高校生が作った積木が子供たちの五感に作用し
よりよい玩具として活躍してくれることをやみません。

スポンサーサイト
  1. 2016/06/12(日) 13:37:40|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石巻市・・・なかよし保育園へ

石巻へ行ったので 久しぶりに なかよし保育園さんへ立ち寄りました。

昨年 高校生と一緒に 「積木」をプレゼントに行ったり
 「雑巾」を届けに行ったりした保育園さん。

お久しぶりの 大橋園長先生の笑顔。
ちょうど 「スマイルうさぎ」も納まったばかりでしたので 本当によかった。
120628_111030.jpg

今日は 玉松さんの「味噌」を差し上げに・・・


アポイントを取らずに訪問したのに ありがとうございます

積木は とても使いやすく手になじみ 塗料を塗っていないことなども含め 子供たちに人気。


よかったな~と しみじみ思うのでした



  1. 2012/06/29(金) 18:14:00|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石巻地区「積木」が・・・

仙台は 朝から小雨。
前日との気温差が大きい毎日が続いています。
すこし 鼻声・・・

さて 「積木」ですが・・・
積木用きんちゃく袋も到着して いよいよ 石巻地区へ来週以降 お届けとなります

120506_070038.jpg

こんな感じで 「小さなプロジェクト」ステッカーを貼って・・

袋は オハリコさんの手作り。
オハリコさんに通っている生徒さんたちの作品。

120506_070137.jpg

ちょうど です。

危険だからという理由で 子どもたちの遊び道具から消えていった 「積木」

高校生たちのつくった積木は 軽くて しなやか。。。
投げたら危ないけれど 仮に当たってもそれほどの大けがはしないかなと思います。

安全なことや 安全な場所にばかりいると 生きるチカラをそいでしまうようにも思います。
「痛い」こと 自分の身をもって覚えていけば 危険なことを他人にするような子供には ならないと
いうのが 私の考え。

  1. 2012/05/11(金) 07:24:20|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文部科学省 HP 掲載!! 仙台市仙台工業高校

仙台市内は 暖かい毎日。
桜は もう すっかり葉っぱになりました

それでも 庭の木々を若い淡い緑色が覆うように芽吹き始め 桜色のその先は やわらかい緑が街を染めています。

先日から ご案内しておりました 「積木PJ」の文部科学省HP掲載ですが
昨日 夕方から登場。

文部科学省 HP

http://manabishien.mext.go.jp/bbm83eodq-541/#_541


仙台市仙台工業高校 平成23年度 あの大震災の年に・・・
同校での生徒も亡くなった あの津波と地震の恐ろしさを知った子どもたちの手で作られた
大切な積木の支援。

この積木PJを立ち上げ 子どもたちの力と先生がたのご尽力

そして 石巻市 子育て支援課のSさん(ただいま 育児休暇中)

震災直後の電話も繋がらない中で・・・

市役所では 歩くスペースのないような中で・・・

道路がささくれ立っていたあのとき・・・

冠水して まるで海の中を進むような道を行先だけをただ 見て。。。進んだ あの頃。

いま その支援が本当の意味を持つときが来ています。



私が高校生を選んだ その理由が・・・私にはあります

その支援は 自分たち(高校生)から溢れるような気持ちと そして ちびっこたちの笑顔
困っている人を 自分たちの工夫した中で どうにかしていきたいという 心からわき出る想い

「支援」「ボランティア」
そんなこと 少し遠い世界だった高校生たちが できること


金銭的にもなにもバックアップのない中で 創意工夫をして 与えられたステージで知恵を出してしたこと


大きなことを 売名行為の中ですることよりも
小さなことでいいから 自分の中で 「達成感」を持ち 「誰かの役にたてた」というそれだけで
人は 前に進んでいけるものだと確信しました


負け惜しみに聞こえるかもしれませんが・・・
恵まれた中で 「工夫」は生まれないのだということ




子どもたちは 「宝」です

大きな子供も・・・ちびっこも・・
地域の宝であり・・・
日本の宝・・・



この子供たちが 大きくなったときのこと 想像してみてください。
小さなことだったかもしれないけれど 
きっと きっと してきたことは 無駄にならない
というか 人生で無駄はないんだと思っているから。

この点は・・・
線になる・・・
未来へ向かって・・・
線は 無数の点の連続だから・・・
この子供たちの今を・・・


私たち 大人も大切に見守り 心から 応援していくことで 
私たちの未来も・・・
心豊かに 今という時間を大切にして 今を変えていくことから その瞬間から 未来が変わるのだと
そう思います



なんだ・・・積木かぁ・・・
って思うかもしれないけれど・・・
そこにある もっと 大切な見えないものを 信じていくチカラが 人という生き物には 備わっていると思う

 



  1. 2012/05/08(火) 10:31:43|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「積木」専用袋と幼児用お食事エプロン・・・オハリコさんから

すっかり 時間が経ってしまいました。
そんな・・・こんな・・・・

仙台も桜が咲き始めています
桜は 日本人にとって 特別な存在感のある花
津波被害のあった地域の桜が その身を裂かれても なお 一輪の花を咲かせたことが
昨年の今頃の話でした。
その桜の背景には 果てしなく広がる がれきの山が映りこんでいました

普段のように過ごしていても 桜は 
人の別れや出会いの
淋しい時も・・・
嬉しい時も・・・
必ずと言っていいほど その人生に寄り添うように咲いていました。

昨年の桜は 色がなく 白かったような記憶があります
実際は 今年と同じように淡いさくらいろのやわらかな彩りだったはず。。。
昨年は 私の心に 色がなかったんだなと今更ながら感じます。

今年は さくらの色からスタートしましょう。

さて 以前ご紹介していた 千葉県佐倉市の「オハリコ」さんのめぐみさんから
「積木」の袋が到着しました。

「オハリコ」さんにお裁縫を習いにきているかたたちで 作ってくださったもの

120417_194013.jpg

こんなにカラフル

子どもが使用することを考えて かわいいアップリケもつけてくれている心遣い。

そして こんなかわいいメダルが。。。
めぐみさんのお嬢さん 小学校2年生の女の子が 作ってくれたもの。
「みちのく未来基金」を利用するお兄さん、おねえさんたちにプレゼントということでした。
120417_193708.jpg

さっそく 「みちのく未来基金」のほうには連絡しておきましたよ。
ありがとう。

そして・・・

この「幼児用エプロン」ですが・・・
食べ物をこぼしても大丈夫という素材でできています。
ほら・・・かわいい。

120417_193518.jpg

脇も・・・・締め付けない。

120417_193538.jpg

後も脱着しやすく工夫されています。

120417_193652.jpg


こんな小さなエプロン 
ちびっこたちが ごはんを楽しく食べれるような ひとつの作戦。
先生がたもたのしく 楽に。。。

ごはんをおいしく
たのしく
なんでも食べて バランスよい食事
気持ちも安定

ごはんの大切さ。。。

石巻のほうで お話してきました
つぎは 石巻での報告。。。。。

めぐみさんのエプロンたちと一緒に いざ ゆかん。

めぐみさん そして オハリコの生徒さんたち
素敵な袋をありがとうございます
  1. 2012/04/22(日) 16:54:43|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。