『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グリーンタウン矢本 内海自治会長 お疲れさまでした

グリーンタウン矢本(仮設住宅)
宮城県東松島市にあります
被災後から 気になっていて 一番最初に行った仮設住宅でした。

集会所の前で話したこと
内海さんのお部屋の前はいつも沢山の花があったことが印象に残ります。

この日は 東京農業大学の学生さんたちも来てくれ 塩釜のボランティア・希望 ベルギー観光局 そして地元のJA石巻の若者たちも・・・

140809_161715.jpg

この日・・・
あの日から この仮設で自治会長をしてくださっていた 内海ご夫妻が
この仮設を卒業することになり
今 残っているボランティアの人で 感謝の会をこっそり 企画したのでした

東京農業大学の女子学生が お話しています。

140809_162742.jpg

たくさん たくさん いろんなことを教えてもらったと・・・
この学生さんたちは 自分たちの学んでいる農業を通して 仮設にいる人たちを元気にしてくれました。

ベルギーの観光局のかたもお話。
ちょっとすでに酔っ払っていた感じなので 写真なし。

そして 塩釜のボランティア 希望 会澤さんご夫妻。
この仮設で当時 欲しかった「毛布」をお願いしたところ いち早く 提供してくれました。
あの年の夏にひょんなことから 千葉県でのイベントに招かれた先で
お目にかかり そこから こうしてつながっていくことができました。
このことで 「毛布」もいち早く 会澤さんへ連絡することができたのです。

140809_165228.jpg

いつも気持ちよく ボランティアに入れる基盤を作ってくれた内海夫妻には感謝でいっぱいです。

そして 東京農業大学の先生もお話してくれました

強くなる → やさしくなる
そういうことだね。と・・・
give じゃなく with の関係性というのを 未来を生きる学生たちに教えているということも
このボランティアを通して 伝えてきたとおっしゃってました。

コミュニティガーデンを通して 人と人のかかわり方について 学びの場を与えてもらったと・・・

140809_165741.jpg

私も少しお話させていただきました。

そして 内海さんからご挨拶。

あまり人と関わるようなことをしたいと思わなかった自分が この震災で不思議と
「ひとりじゃなくてよかった」
そんなことを思ったそうです。

特に内海さんの奥様は 車に乗っているときに津波に呑み込まれ 鳴瀬川(1級河川)に引き込まれ
川に浮いていたとき 浸水してくる中 空が一段と美しく 星が輝いていたとまるで懐かしい素敵な夢の話をするように
私に話してくれたことを思い出します。
寒さの中 残った電源がなくならないうちに つながらない携帯でメールを娘さんに打ったそうです。

先に逝くから・・・今までありがとう

と・・・

そして 生きて助けられ 仮設に入るとき 
同じ傷を持ったひとたちがここに居ること
そして ボランティアのひとたちが来てくれること

誰かがいるって 嬉しいと思ったそうです。

140809_170856.jpg

最後に 会澤さんのご主人がお話して この会を終えました



内海さん 今まで たくさん ありがとう。

スポンサーサイト
  1. 2014/09/23(火) 10:34:14|
  2. 東松島 仮設住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーンタウンやもと仮設住宅・・・バネルシアター

東松島市 大塩にある グリーンタウンやもと 仮設住宅

130926_145727.jpg

ここへ 兵庫県から トンおじさん がやってきてくれました

131009_150758.jpg

パネルシアター をしながら 
あの阪神大震災のときも 
たくさんの子供たちに笑顔をよみがえらせたおじさん。

仮設にいる おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん・・・
みんなに いっぱい笑ってもらえるようにと やってきてくれました

20名くらいの住民が見に来てくれました

♪ 知床旅情 から スタートして・・・・

131009_150254.jpg

こばなし 3つ
軽快な 関西弁 が 元気のみなもと

たくさんのおはなしの中で もっとも 私が見たかったもの・・・

「稲むらの火」
131009_152423.jpg

いつか・・みてみたいと思っていました

和歌山にある広川町 で昔あった本当の地震、津波のはなしです。
おおきな地震がきて 津波がやってきた
街のひとが迷わないようにと 稲むら(刈り取ったあとの藁の山)に火を放ち 山のうえにみんなを避難させたという悟陵さんのお話。

131009_153543.jpg

131009_153106.jpg

131009_153451.jpg


そののち 次なる災害に備え 自分の財産を使って 堤防をつくり広葉樹を植えたというところまで お話で知りました。

131009_154220.jpg

聞いていたおばちゃんの中に 出身が岩手県の沿岸部だという人がいて そのおばちゃんは 小学校のときに
習ったという話をしていました

悟陵さん・・・千葉県 ヤマサ醤油の6代目だそう。

津波の話や地震の話をしていいかどうかと迷っていた トンおじさんでしたが
ぜひ やってもらいたいという気持ちで 仮設住宅のほうでこのお話については ご了解を得たかたちで
実施してくださいました。


終わってから お茶飲み。

131009_162529.jpg

いろんなお話を阪神のときのこと これからのこと・・・・

とおく こんなに時間がたってからもきてくださるという 嬉しい時間となりました

翌日 翌々日と 石巻市内の3つの保育所(牡鹿地区、水押、渡波)
へ廻って 子供用の楽しい時間を提供してくれました


たくさんのひとたちに支えられて こうして いろんな出会いがあります

感謝!感謝!で いっぱいです。

130926_145720.jpg

トンおじさん ありがとうございました


  1. 2013/10/10(木) 22:34:30|
  2. 東松島 仮設住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パネルシアターがやってくる・・・グリーンタウンやもと仮設住宅

東松島市にある グリーンタウンやもと
応急仮設住宅に パネルシアターがやってきます

兵庫からおいでになる 「とんおじさん」こと東馬場さん

なんと 石巻市立渡波保育所 と 石巻市立牡鹿地区保育所 にも来て 楽しい時間をくださるそうです


10月9日~11日くらいまでの滞在


その中でも グリーンタウンやもと 仮設住宅 集会室 で実施されるのは・・・・

大人むけの 小噺

なんですって。。。おお・・・楽しそう

10月9日 3:00くらいから

ぜひぜひ お近くの方はご覧になってください

お近くっていっても 仮設住宅にお住まいのおじいちゃんやおばあちゃん
小さい子も・・・

みんなでおいでください


東馬場さんは 3.11大震災後 すぐに 阪神大震災の時に行った活動を活かし 被災した子供たちのために
何度もこちらへ来てくださっています


継続して支援することの難しさも よくご存じです

継続していくこと

とても 大変なことですが とても 意味のあることです


東馬場さんとその仲間たち ありがとうございます


  1. 2013/05/07(火) 16:34:05|
  2. 東松島 仮設住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しじみストラップ デビュー♪

しじみストラップ デビュー

いよいよ 北海道は札幌市内 大丸藤井セントラルさんの各フロアのキャッシャー脇にて販売開始。

120706_150812.jpg


120706_144555.jpg

こんな風に・・・

120706_144626.jpg


置いていただいています

120706_151304.jpg

副店長のFさんがお忙しいのに店内の商品を見ている私のところまで来てくださり
少しお話をしました
穏やかな表情と お話しぶりに しじみのことより Fさんのその雰囲気に感激してきた私です


って・・・

そうです・・・
私 札幌まで「しじみストラップ」を見に行っちゃいました
Fさんのおっしゃるには やはり 北海道、ことに札幌では 津波にしても 地震にしても
ピンときている方は少ないのかもしれないということでした

もちろん それは 北海道の持つ面積や 札幌が内陸になっていることなどを考えれば
当然のことではあるし 報道も現地ほどではないことも 含めて 気にかけるということは
およそ 難しいことだと思いました

人の記憶は現地にいても薄れていくなかで その記憶を刻み込むようなそんな方法はないだろうかと
あらためて感じたというのが 本音でした

北海道という地域で どんなふうにこの 東日本大震災を心のファイルに刻み込んでもらえるのか・・・

まずは このしじみストラップの動向を見守ってみたいと思います


Fさんにお話のなかで 小学生に記憶に残すという提案をざっくりとしてきましたが
実際 感触としては 難しい感じもうけました

やはり 宮城にいながらにして 気持ちを伝えようとするのは難しいけれど
その体験を同一にしない人たちに どうこの気持ちや 今の被災地のことを伝えていけるのか・・・
これは 今後も含めて 大きな課題になりそうな感じだなと思いました

今後 どのような方法で未来の日本を背負っていく子供たちに支援なり 防災なり減災なりを教えていくのか・・・
どんなふうに この震災という歴史に関わらせていくのかを 考えさせられるいい時間でした



札幌のTV塔・・・(車の中から撮影)

120706_152148.jpg

札幌のかたがた この売上の全額が グリーンタウンやもとの仮設住宅のほうに入ります。

ご協力くださいね。





  1. 2012/07/08(日) 22:01:53|
  2. 東松島 仮設住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ・・・デビュー間近・・・「しじみストラップ」

東松島市 大塩地区 グリーンタウンやもとの仮設住宅で作られている

「しじみストラップ」

いよいよ!!
7月になると販売開始です

それも 札幌です

札幌の街中・・・PARCOの近くにある  大丸藤井セントラル にて限定販売  100個1個  500円(税込 525円)



札幌のみなさん 

ひとつひとつ丁寧に作ったものです 大丸藤井セントラル 各フロア レジ近くに置いてございます

このPOPを見かけましたら ちょっとだけ 見てください

しじみストラップ POP
 
  1. 2012/06/29(金) 07:58:56|
  2. 東松島 仮設住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。