『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

積木PJ 八街でのさまざまな出会い

今回 あらためて千葉県を訪れ 被災地との温度差はあるものの こうして「絆」グループさんのような活動をしてくださっているかたと また それを応援してくださっている周囲の方たちと話をしたり 握手をしたり・・・
つたない話に わざわざ私のブースまで来てくれ 「いい話だったよ」と言ってくださったかたもいらっしゃって恐縮しきりです。
110830_123041.jpg

「絆」グループさんのTシャツと克曲さんのCD
本当にみな これからのことを心配してくれていました。
私も被災地にいながら どう この先の支援をしていくのか 考えさせられました。

また そんな「絆」グループさんの方たちから 今度はどんな支援が必要か考えていきたいから 教えてくださいねと言われ 被災地からこんな500~600kmくらい離れているところでもこうして心配してくれ 自分たちの活動の在り方も再編していきつつ 被災地に寄り添おうとしてくださっている方たちがいること 素敵な出会いでした


もう 以前からいっているように ものを支援することは 限界であったり 被災している人のためにならないこともあります
そういうところが これから難しいなと思う反面 まだまだ 復旧さえしていない地域の姿をみれば 
その「何か・・・」を探ろうとしてアンテナを張り巡らせる自分がいるのです。

正直・・・
もう6か月が近くなり 被災地のひとたちですら 「支援」とか「ボランティア」とかを聞いているだけで 疲れてしまう時期になってきているようですし 温度差は あるのです。
なんでもそうですが
「続ける」ことの難しさを周囲のひとたちがだんだん そこから遠ざかっていくことで感じているのです

110830_122309.jpg

積木PJの製作は この八街市のイベントをもって 完成し終了。
今度は この積木を福島から避難している人たちや気仙沼などに支援をしていく予定です。
手から手へ・・・
こうして 小さな支援だけれど 作った人たちのことや それにかかわってくれた人たちのことを凝縮して お渡しして この支援は 半分完了。
そして その支援物資がうまく利用されてこその支援。
心も一緒に届けます


今回の収穫はそれにとどまらず 宮城県塩釜市からおいでになったIさんご夫婦との出会い。
塩釜もご多分にもれず だんだん こうした活動をしているグループは少なくなってきているとのことを聞きました。
とても指揮官としての裁量のあるご主人。人望が厚そうです。
そのご主人にそっと寄り添うように 奥様。人格者です。

初めてお目にかかるのに どうして 八街までこなくちゃならなかったのかと大笑いでしたが そこは 「絆」グループさんのTさんご夫妻がいたから こうして巡り合えたのだなと人と人の繋がりは 本当に素敵なものだと思いました。
Tさんご夫婦も お若いのにとても素敵。
110830_125547.jpg

そんなIさんの奥様から頂いた パウンドケーキがこれまたおいしい。
忙しいひとほどそういうことするんですよね。

今度は私も ケーキを御馳走しますね。
千葉市内


翌日 よく晴れた千葉市内。
少し風を感じながら 父の十三回忌に叔母と伯父の一周忌に出かけて行きました。






 



スポンサーサイト
  1. 2011/08/30(火) 14:11:52|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展示と北村八街市長と会いました・・追記あり・・




というわけで 写真が北村市長。

まだ 市長になって8ヶ月 ホヤホヤの市長さん。

市民は 期待していますから…


もうひとつの写真は イベント内で飾られていた被災地の写真です

もっと沢山あったんですよ





八街市は7万人強の千葉県でもピーナッツやスイカの栽培が盛んで どちらかというと地味な感じでした
もとより 千葉県出身の私としては そんな程度の知識しかなかったのですが 市民の人たちがどんな感じなのか?
街並みはどうなのか?
いろんなことに興味をもちました。
私にとっても学びの1日となりました。

そして 図書館では 8/27付けで掲載された「千葉日報」の記事
八街市立図書館で被災地の子供たちに向けて「紙芝居」が送られ また 夏休みいっぱい 図書館で震災のことや東北ゆかりの作家たちの特別展示があることなどが取り上げられていました。

また 「読売新聞」の同日の掲載記事では・・・
石巻市の老舗お菓子屋さんが 八街市で救われ 成田市内に2店舗を構えて頑張っている様子が映っていました。
「ロッケンロール」というロールケーキがよく売れているそうで ロッケン=6県(被災地)とかけているそうです。

みな こうして立ち上がろうとしています。
こんな遠くで 老舗のお菓子やさん4代目として 頑張っている様子を見るとこちらも嬉しくなりました。

これからも チームJapan
市民ひとりひとりから。。。
始めましょう・・・

ありがとうございました
  1. 2011/08/28(日) 15:40:50|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回夕涼みコンサート に参加しました~積木PJ~




第2回 夕涼みコンサート東日本第震災支援チャリティー
       ~想いをひとつに、いま自分ができること~

に参加 出店させていただきました

Tさんご夫婦が立ち上げて運営されている『絆』グループさんのイベント。

被災地から離れていて 沿岸部でもない Tさんご夫婦。それでいてこうしてこの震災の甚大さを受け止め、支援を続けてくださっています。
その気持ちに寄り添うように グループに参加されている素敵な皆様と積木のやすりがけをしながら お話ができたことが とても嬉しく また 支援を続けていく中で 力をもらうことができました




また 5分くらい 時間をいただき イベントにいらした市民のかたたちにお話をさせてもらえました
まとまらない話で なんだか反省しきりですが…
『今わたしたちは歴史のなかに生きていること』
『自分のために未来のために知ること、見ること、考えること、家族で話し合うこと』
『復興までまだまだの被災地の現状、PTSD障害の現実など』

話してきました

会場には 北村市長もいらっしゃっていて 紙芝居のことも踏まえ お礼とご挨拶ができたことは 本当によかったです




千葉県にも 被災地から移ってきている人達がいます
石巻から成田へきて お菓子やさんを開店した方もいらっしゃるとか…
また 被災地の障害のあるかたたちを受け入れている施設の方もお話ができました

さらに 市長とは 災害時の千葉県における八街市の在り方、防災の在り方についてディスカッションをしてきましたし 塩釜や仙台 石巻に必ず来てくださるというお約束をいただけました

この震災は 今 被害が大きくない地域に どう 啓蒙活動をしていけるか それも今後の課題です

イベント楽しかったです


  1. 2011/08/28(日) 10:15:11|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉県 八街市立図書館へ

千葉 今朝は快晴です

昨日 仙台から千葉県八街市まで移動しました


まず 最初にいの一番 行かなくてはならないのが 『八街市立図書館』

『小さなプロジェクト』の立ち上げ時 子供たちへの紙芝居支援の協力を頂いたスタッフの皆様に お礼をしなければと…

担当してくださった 高橋さん。
子供たちの年齢が同じくらいだと伺っていたので 親近感をおぼえ 楽しみにしていました

とっても若々しくて 素敵な方でした
オーラがあるというか…

展示してくださっている企画展は 東北ゆかりの作家さんたちの著書の紹介や東日本大震災の写真 もちろん 図書館として寄贈してくださった 紙芝居や紙芝居舞台のことなど 本当に 頭が下がる想いでした

ありがとうございます




地震などの災害は 原発も含め 『知る』ために どうするか?
『学ぶ』ということをしなければ 正しい情報を受け取る力もなくなる
だからこそ 今こそ 学ぶこと知ろうとすることを止めないよう ぜひ 図書館で学ぶ 知る 考える を被災地から離れてるからこそ その頭脳で冷静に考えることが出来るはず


  1. 2011/08/28(日) 09:20:25|
  2. 紙芝居PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京を出て 八街へ

ただいま 東京なう

千葉出身でありながら なんと Limited Express 『しおさい』には 初めて乗りました~


八街まで 50分くらい

初めての八街です

楽しみにしています

どんな出会いがあるかなぁ
積木 わかってもらえるかなぁ


お…

今 錦糸町界隈
雨はあがっております

ワクワクします
  1. 2011/08/27(土) 11:47:15|
  2. 紙芝居PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いま・・・・

もうじき8月が終わります。
仙台は この3日くらいは 梅雨のような天気。
それでも 残り少ない夏を惜しむような 蝉の声、鳥のさえずり・・・
ここ 片平は とても街中と思えないような 素敵な環境。

それでも 少し足を伸ばすと 荒浜や井戸浜。
先般もアップしましたが これが現実です。
20110712蒲生⑤

わかりますか・・・・
これ 道が津波でえぐれているんです。
当日は雪、そして 引いてくれない海水の中に・・・
いまは こうして 草が生えてきて 痛々しい土の色を緑に変えています。

蒲生球場というちびっこ野球の試合ができる球場が 7面くらいあった場所はここからすぐ。
うず高く積まれた壊れた車たちで いっぱい。。。
津波や地震は 子供たちの遊ぶところを奪いとっていきました。
そう 福島の原発問題も。。。。

20110712井戸浜③

この井戸浜のがれきの山、、、
みな 田んぼにあるんですよ
これでも まとまったほうです。
本当はこの地区には 夏の暑い日差しを浴びた「ひとめぼれ」や「ささにしき」の稲がたっぷりに水がはられている中で 少し 誇らしげに風に揺れているころ・・・
それなのに どこまでも がれき・・・・

20110712井戸浜④

これは 同じ井戸浜で ガソリンスタンドの写真。
こんなに こんなにすごい壊れ方をしています。
あなたの近くのガソリンスタンドにも同じような 屋根があるでしょう?
こんな津波の威力を あなたは信じられますか?
この中から 生き残った人たちに 今 また 国策がなかなか決まらないことから 幾重にも試練が降りかかっているのです。
「生きる」という そのことですら 希望を見いだせなくなるくらい心がつぶれそうな中 みんな手を取り合っているのです。

20110712蒲生③

この地区は 農家の人たちも多く 軽トラックはとても多い。
この交差点では 信号機もついていなく しばらく立ち往生。
パッとみた時は いったいこれがなにか わからなかった。。。
しばらく見ていたら これ 軽トラックだ。。。

この中に人が乗っていたのかは不明。

それでも ここに着地するまで このトラックは波に何度も何度も揺られたに違いない。
どうしても 海には行きたくなくて 自分のホームタウンに着地したんだろう


仙台の駅前は それでも復旧を果たしているところが多いので きっと ボランティアに来てくださった人達もある意味びっくりするだろうけれど・・・

同じ仙台市内でも 沿岸部は まだまだ
人の手は必要。

千葉のどこかの中学生が修学旅行で 石巻や南三陸町を訪れ 津波被害の甚大さを目の当たりにしている様子が少し前 ニュースで流れたが 今 私たちは歴史の中にいる
だからこそ このことを 自分の目で確かめ 後世の人たちに伝えていくという責任がある。



あらためて 感じた・・・


TVという箱の中で見るものとは 大きく異なる。


車を走らせていると 畑にジャガイモや豆を育てているおばあちゃんが 丁寧にその世話をしている姿にでくわした
おばあちゃんが 安心して 畑仕事ができるような そんな復興を期待したい




  1. 2011/08/24(水) 13:06:50|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャリティの椅子~名前を入れてみました~



以前より チャリティ販売をしております 椅子ですが 名前を入れてみました
名前を入れてくださるのは 『あとりえソレイユ』のはやおさん

チャリティ販売専用椅子に限り、ひとつ 300円で入れてくれるようお話しました

カントリー家具の作家さんなのですが 現在はお休み中


ぜひ 椅子に名前を入れてみませんか?
  1. 2011/08/21(日) 11:25:08|
  2. 大工さんPJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月27日 積木PJin八街市

朝から冷たい雨が降っています

さて 今週末 土曜日には千葉県八街市まで移動して 積木PJのworkshopをさせていただくことになりました


八街市で活動してくださっている『絆』グループのTさんご夫妻から紹介していただき 小さくブースを貸してくださるそうで 嬉しく思います


場所は
千葉県八街市にある イオン八街店
(当日初めて行きますの)

時間は
午後1時から 積木なくなり次第終了となります


当日は
仙台市立仙台工業高校 建築倶楽部の生徒さんたち 先生たちが切り出してくれた積木を 二種類のサンドペーパーで擦り 滑らかな状態にしていただくもの

これらの積木は 福島や南三陸などの被災地に支援物資として贈られます

また この積木を入れる袋は 京都市の柴田洋裁学院さんの生徒さんたちが手作りしてくださるということです

ありがとうございます


なお
当日は 私も仙台から八街へ向かい イベント会場におります

1時半くらいには到着できる予定ですので 千葉にお住まいのみなさま
ぜひ いらしてください


当日は 併せて『雑巾』も集めますので お持ちくださいますと嬉しく思います

ここ最近 また 仙台でも地震が頻発しています
先日も震度5弱という地震

ヘルメットかぶりながらの仕事になりました(笑)

侮れません

当日は 被災地の写真などもお持ちしたいと思います
いらしたかたたちと 被災地について様々なお話が出来ること
子供たちに 地震や原発のこと 津波のことなど また 自衛隊 警察 消防の方々がどんなに大変な中 活動をしてくれたのかについても ディスカッションできたら いいなと思います


八街イオンに お買い物がてら ぜひ お越しください
  1. 2011/08/21(日) 10:22:15|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石巻 橋浦保育所へ





飯野川保育所から さらに北上川を下流に向かう

対岸にも大きな土のうが沢山
こちらにも…
いつもなら 沢山の葦が風に揺れ 水鳥たちの隠れ家になっている素晴らしい風景が広がる地域

ブルーシートがいくつも河岸を覆う

対岸に 大川小学校がかすかに見える
完全に壊滅している

自分がいる場所ですら 決壊した地域で水が120cm入ったところなんだから。


橋浦地域は水の勢いがどれほどであったのか 写真を撮ることが拒まれるほどの崩壊をしている家があちこちに…

愛宕神社とかかれた場所では 石で出来た鳥居が崩落していたり 石碑が斜めに傾いたまま。


農協の建物は(写真)中に水が押し寄せ 使用できなくなっていました

その間の細い道を入ると『石巻市立橋浦保育所』と書かれた小さな保育所がありました


震災のときは 全員ホールに逃げたと高山園長先生。
少し お顔がお疲れのご様子で 心配になりました

こちらでは あまり 話を伺うのはよくないかと判断し 早々に…

物資は以下の通り
・雑巾100枚
・人参ジュース70本
・シュシュ5こ
・布ボール 大1
・セパタクロー 5こ
・キャンディ 3袋
・ハエ取り紙 2セット
・じゃがいも 1箱
・オムツ ビッグ1袋

これらは 橋浦保育所、吉浜保育所、相川保育所にて分けてくださいます

さきほどアップした 飯野川保育所へお届けした物資も 飯野川保育所、大川保育所、雄勝保育所で分けてくださいます


雑巾は 引き続き集めています
急ぎません

のんびりやっています

沢山 頑張らなくてもいいんです

沢山 あげたら 保管するところもないから のんびりやってください

みなさんの味のある 雑巾たち いい活躍してくれますよ~ きっと。

みなさん ありがとう

そして みな 生きていること 大切に思ってください

辛いこと
苦しいこと
楽しいこと

みんなみんな含めて 自分の大切なもの 自分を作ってくれるもの


  1. 2011/08/18(木) 21:57:08|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石巻 河北地区 飯野川保育所





朝から小雨が降ったりやんだりの仙台。

かえって蒸し暑くなり 体力を奪われてしまうような暑さ。

今まで お盆の帰省で道路が混雑していたため 支援に伺うのを控えていましたが ようやく今日 石巻市北上川沿いのふたつの保育所にうかがうことが出来ました


北上川は 決壊した地域の浸水はもとより 決壊していなくとも小さな水路を通して 床下浸水になったり ニュースではなかなか報道されてない現実を見てきました

国道45号線から 北上川にかかる飯野川橋を渡り 北上川沿いにしばらく行くと 左手小さな道を入れば 『石巻市立飯野川保育所』が子育て支援センターと併設され ありました

水が入ってきている形跡はないようにも感じましたが 町中は やや 水の溢れた跡が…

訪ねて行くと 笑顔で横山園長先生が出てきてくださいました

物資は 以下の通り。
・雑巾100枚
・人参ジュース80本
・シュシュ5こ
・布ボール 大1
・セパタクロー 5こ
・キャンディ 3袋
・ハエ取り紙 2セット
・じゃがいも 1箱
・オムツ ビッグ1袋

保育所全景を撮るのを忘れてしまいました
いずれまた 伺うので そのときに…

北上川の脇にある小さな川(幅が3~4mくらい)にですら 船が津波にのってあがってきたというから驚きでした

海からは随分離れているのに…

子供たちは 震災当日 夜7時半にはすべて親の手元に…

山あいの集落で 物資が届かない中でも なんとか 子供たちを受け入れるべく奮闘した先生たち…

いつか 元気の出る保育士セミナーとかをやってあげられるように 石巻市さんでも 考えてもらえたらいいなぁ

入園する予定だった子供たちが津波で命を落としたこと
津波で被害を受け 雄勝地域から こちらまで避難し 祖父母のうちから また 仮設住宅から通う子供たちのこと


そうして話を伺っているときも ちびっこたちは はだかんぼうでプールで遊んでいる

小さいのにいっぱいいろんな経験をしてきたんだなぁと 胸が詰まる


横山園長先生は こうして物資が届けられると まず その物資がどこから どんなふうにして ここに届いたのかを保護者のかたたちにキチンとお話するそうで 今回も 雑巾などの集められた経緯をお話してきました
また じゃがいもやジュース、オムツは 千葉の八街からわざわざ宮城まで届けてくださった『絆』グループのかたたちの話も伝えてきました

布ボールやセパタクローは 仙台の『かざぐるま』のメンバーの方から。

シュシュは お洋服や小物を作られる作家さんから。

キャンディやハエ取り紙は 東京のYちゃんや大阪のIさんのこと


私たちのネットワークは 頑張らないことを基本としていると話してきました

活動の在り方を伝え 喜んでいただける物資と なによりも心を伝えてきました


協力してくださった皆様 ありがとうございます

写真は 河川敷公園のサッカー場に建っている仮設住宅。

津波が遡った北上川。
まだ 傷痕が痛々しい


  1. 2011/08/18(木) 21:38:17|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑巾PJ~山形から到着


おかげさまで 様々 順調に進んでおります プロジェクト。

携帯が壊れ 代替機での更新をしております

七夕まつりの映像 直せていません

すみません


さて 本日は 山形から教え子のSちゃんから10枚の雑巾とお茶 メッセージが送られてきました


ありがとう

ちびっ子を抱えながら お嫁さん奮闘中のSちゃん


ホント ありがとう


ここで お知らせ

『ハエとり紙』は ハエが落ち着きはじめましたので もう 大丈夫です

なお お盆帰省のため 道が混雑しているので 支援に入るのは来週となります

石巻 大川小学校の向かい側など 仙台からは 概ね 片道2時間~3時間の地域に入る予定となります


更新が遅れ気味ですが できるだけ みなさんからいただいた物資のゆくえを記載していくつもりです


  1. 2011/08/11(木) 21:42:23|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

折り鶴PJ~仙台七夕まつり




皆さまのご協力により このプロジェクトから およそ 3000羽の折り鶴を納めさせていただきました

なかには 全然違う色で折られていて このブースには飾れなかった鶴たちが 200~300羽 ありましたが それも 仙台市内 紙問屋さんの鳴海紙店さんのほうで 繋げてくださいました

色の認識というのは 様々で 似ているようで 違うものは多く それは まるで 私たち人間が 様々であるようなもの
誰かが 青といった
自分が見ているのも 青だと思っていたら どちらかが紫だった みたいなね


写真は 仙台駅をペテストリアンデッキからパチリ 全体が入りませんでした

青葉通りも パチリ

欅が大きく 風に揺られています

この道が 青葉城址まで繋がっています

この青葉が繁る季節が私は大好きです


名掛町アーケード入口からの飾り

もっと 向こうにいけば 素晴らしいのがさらに見られるのだけど 断念してしまいました

みなさん

ありがとう

わざわざ 七夕まつりへいらしてくださったかたたちも ありがとう


  1. 2011/08/09(火) 08:44:25|
  2. まちなかeco marcheと折り紙PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

折り鶴PJ~仙台七夕まつり




8月6日~8日まで 仙台市内は 七夕まつりで賑わいました
例年に比べて 人出は三万人ちょい減少。
それでも 人はそれなりに沢山…


仕事から戻り 仙台駅に行ってみました
駅の構内では 常盤木学園の高校生たちがボランティアで 七夕まつりのパンフレットを配布していました

臨時案内センターの後ろにあった 折り鶴。

本当は 一番町にいけば 沢山あったんだろうけど 体力が低下していて 力なくリポートが出来なくて ごめんなさい


駅構内の写真
駅は ペテストリアンデッキという通路であちこちに繋がれています
いたるところに 七夕飾りがあり 駅そのものの被害も また近辺の被害も相当なものだったのに まるで 完全復活したかのような顔をしていました

頑張ってるぞ
って 見せたかったのかな


  1. 2011/08/09(火) 08:31:14|
  2. まちなかeco marcheと折り紙PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

支援をいただきました~東京から




東京に住む Hさん

いわきにお住まいだったのだけれど ちびっこもいることだし あれ以来 自主避難をとり 泣く泣くご実家へ。


そのHさん
以前にも100枚の雑巾と蚊取り線香などを送ってくださいました

今回も

雑巾 8枚

ハエ取り&蚊取り線香 2箱

キャンディー 沢山

冷え冷えタオル 4こ
ハエ取り紙 6こ

ホントにありがとうございます


明日からの週で ハエが発生している 石巻地区に配布したいと思います


ありがとうございました
  1. 2011/08/07(日) 11:36:25|
  2. 雑巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月6日

仙台七夕まつりが開催されています

今日から…8日まで

さて、『折り鶴PJ』の鶴たち…今夜の7時のNHKニュースで このプロジェクトから出した折り鶴の中で 千葉県八街市の高校生か中学生が折り鶴に書き込んでくれたものが 全国に流れました


ひゃー びっくりでした


ありがとう



今日は 広島 原爆投下された日から66年
そんな日に 甲子園大会 開幕。

宮城県代表の古川工業 野球部の子供達のしっかりした行進 気仙沼向洋の斎藤くんの始球式

なんだか ジーンとしました

古川工 応援しています

さらに

千葉県出身の私としては 習志野高校 通称 ならこう も 応援しています~
  1. 2011/08/06(土) 22:50:13|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

積木PJ 京都から~



先日 京都にある柴田洋裁学院の柴田さんから 送られてきた積木を入れる袋


もちろん 手作り。


その試作品に積木を入れてみました
とてもいい感じに収まりました


持ち運びもしやすいですし (^O^)g


柴田さん
ありがとうございます


  1. 2011/08/06(土) 09:00:17|
  2. 高校生積木PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月が風のように

過ぎていきます

明日 もう 五日。

被災地にいながらにして 被害の規模が深刻な地域に行くと 胸がざわめく


沢山の命の上に 今 自分がいることを突き付けられるような…


先日 ある人に
『何を忘れてもらいたくないの?』
と尋ねられた


ECOマルシェのときだ

あらためて考えてみた

この震災を忘れてもらいたくない
そんな気持ちもある
それは なんでだ?

よく考えてみた

震災の酷さ 恐さは 忘れていいのかもしれない

いちいち覚えていたら 辛いだけだし

でも 後世へ伝えて行かねばならない
そう
忘れないうちに 書き記すことなのかもしれない
書き記すうちに 頭の中でほどけない糸が すんなりと ほどけるように 整理されていくことが 私たちの中に必要なのかもしれない


そして

忘れてはいけないことは 沢山の犠牲の中に今 自分は命を繋げられていること

誰かが 自分の代わりに苦しみを背負ってくれたから 今 ここに自分がいるということを感謝して 忘れずにいよう


『生きる』
とは 痛みや苦しみを感じることが出来ること

死んだら 感じないんだもの

私はいつもそう思っています


忘れてもらいたくないこと

忘れていいこと

どちらも大切なことだなぁと思います
  1. 2011/08/04(木) 22:02:08|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑巾PJ~大阪から


湿度が高く 梅雨のような天気で 身体が怠くなっています

このところ 激しい胃痛に襲われており 今日のお休みは 支援には入れませんでした

しかも 携帯が随分前から壊れていたので ようやく修理へ…

やれやれでございます


さて そんな中
大阪のIさんから 雑巾が届きました

12枚

さらに

蝿取り紙

これは助かりますよ~

早速 持っていかないと…

Iさん ありがとうございます


  1. 2011/08/04(木) 16:37:37|
  2. 雑巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本原子力学会が…

このところ 涼しく 半袖では少し寒いくらいの仙台です


日本原子力学会
という組織があります
今年はぜひ フクシマでやってもらいたかったな

福岡らしいです

今 危険であることも 安全に利用することも熟知している人達だからこそ 本当に平和利用が出来たのか?
日本という国土の中で それが適切だったのか
ぜひ 検証していただき フクシマという場所で… あなたたちの英知を集めて 福島をフクシマとしてしまった この国の大きな間違いを その目で見てもらいたかった

福島の高校野球予選も放射線の測定をしながらの開催だったし 練習ですら満足に出来ない中で 戦ってきた

吉永小百合さんも言っていたけれど 私たちも原子力について 曖昧だった
不勉強であった

でも ヒロシマがナガサキが受けてきた傷を忘れずにいたら?

日本という国が 海に囲まれ小さな島で 地震大国であることをもう少しだけ 慎重に考えていてくれたら…

子供達に 安全な未来を受け渡すことが出来たのかもしれない


野口健さんの7月29日のblog。

見てください

http://blog.livedoor.jp/fuji8776/

この現状は いったい 何がどうであるのか
私たちは 日本というチームの一人として それぞれがしっかりと考えていかねばならないように思います


今と 未来を…
  1. 2011/08/02(火) 07:52:05|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。