『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

雑巾PJ『雑巾になりたいタオルくん』with おひさまやさん 〜その後…

すっかり寒くて しもやけ バッチリの私です

昨日の朝…
『おひさまやさん』の鴫原さんから電話を頂きました

『すっかりタオルなくなったわよ』

と。

まだ 誰も雑巾を持ってきてくれていないものの
まだ タオルあるなら持ってきてもいいという連絡でした


こちらから伺わなければならないのに 電話頂いちゃいました


タオルはすでにないのですけれど みなさま お手持ちのタオルで 縫っていただけましたら嬉しく思います

また 『おひさまやさん』へ雑巾をお持ちの際は メッセージを一緒にお持ちください
なお 2月末までに持って行けるわ
という方は 『おひさまやさん』でも大丈夫ですが それには間に合わないわ
という方は

3月24日 土曜日にある 『まちなかECOマルシェ』@新伝馬町公園 (パタゴニア仙台向かい)へ お持ちください

小さな公園で
笑顔が溢れています

野菜生産者の方の実直さ
お菓子職人さんのつい顔が綻んでしまう優しいお菓子

天然酵母のパンやさんの無骨だけど かみごたえのあるパンたち

そして どこからか薫ってくる珈琲の落ち着く香り
おひさまやさんの体にいい 丁寧に作られたお菓子や惣菜 ときに玄米おむすび なんかも…


小さいけど みんなが真面目に『環境』や『食』に向き合っていて

『未来』を生きる子供たちに 安全で住みやすい環境づくりのひとつから始めようとする そんな姿があります

ぜひ 雑巾に関わらず
3月24日(土)
11:00〜15:00
新伝馬町公園へ
いらしてください

私もウロウロしているかも…

スポンサーサイト
  1. 2012/02/21(火) 10:30:13|
  2. 雑巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【追記あり】てくてく 16号に掲載されています 

120202_150815.jpg


「てくてく」という ゆる〜い感じのタイトルの冊子が 長野県内、宮城県内のお店に置いてある
かわいい冊子です

A5の大きさ。
そのわりに間伐材でできている紙を使い 丁寧に作り上げられた 冊子に
今回なんと・・・・
取材を受けていたのですが 「小さなプロジェクト」が掲載されています。

120202_150929.jpg



仙台市内は どこにあるのかな。。。
ちょっとしたカフェとかにありますよ。
あ・・・「おひさまやさん」にはあります

「雑巾になりたいタオルくん」をもらいに来つつ 

     おひさまやさんで ごはん食べつつですね〜

「てくてく」なんぞ ご覧になっていただけますと 

私のこのプロジェクトが どんなだかご理解いただけるのではないかと思いますよ。


ほんと 皆様のおかげです。

ありがとうございます。



続きを読む
  1. 2012/02/02(木) 15:43:33|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

画用紙の棚   仙台市立仙台工業高校

最近 仙台市内 荒浜地区などに行くチャンスがない
むろん 作ればいいのだけど・・・
忙しくてその時間がない。

いいわけだ・・・

近いうち行ってみよう。
そうだ。。。。市内も知らなくちゃ。

石巻市立の保育所さんから ご要望いただいていた「画用紙棚」およそ 20個。

いろんなところへの支援や石巻市による購入など さまざまな角度から今までも状況の変化とともに
働きかけを先生がたもしてきたなかで まだ この物資に関しては 支援がなく
このことを秋くらいに話していたのですが・・・・


あの「積木PJ」の高校生たちが 作ろうと手を挙げてくれました。

今度は高校生にしては 少し難度の高いもの。
担当の斎藤先生、菅原先生ときっと 作っていることでしょう

納期は暖かくなった 春を目指しています。

子どもたちによる子どもたちへの支援活動。


そんな 支援の在り方も この「小さなプロジェクト」の大切な要素です。

勉強もしっかりやる

部活もしっかりやる

そして 未来のもっと小さな子供たちへの支援活動も忘れない


工業高校だからできること

彼らの支援活動にこれからも 応援をお願いします。


 
  1. 2012/02/02(木) 15:28:27|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの再会・・・・仮設住宅

ここ一週間は 雪の多い仙台。
被災地では 水道管が凍り 風呂にも入れないなんてことになっています。
今年の冷え込みは いつもより厳しいかもしれません。
というか 続いているというのがとてもつらく感じる点。

先週 東松島 大塩地区の仮設住宅に顔をだしてきた

久しぶりで行った仮設だったけれど とても寒かった。

120126_123353.jpg


仮設の集会所には 何人かの人たちが集っていて いつものように明るい・・・

「こんにちは」
と 入って行ったら。。
みんな・・・きょとんとしていて。
だれ?みたいな空気。

「○○です」というと・・・・

「あら~なんだい・・わがんねかったわ~」っていう勢いで(笑)

実は私 この日 スーツでしたの。
そしたら わかんないっていうんだから 困っちゃうな。

でも すぐにわかってお茶飲んで 話を聞く。
このところの仮設での出来事 
年末のクリスマス会の写真をもらいながら どうだったのか 聞いて。

これから どうやって仕事に就いてもらうかとか・・・
結構 話をしてきました。

話を聞くということ 傾聴
このことはとても大切。


あらためて感じてきました。

いつものおばちゃんも来ていて ごあいさつした。
そしたら
「スーツ 似合ってるわよ。とても・・・」って言われました。
「ありがとうございます」って ニコニコ。

息子さんを亡くして だんだん 元気がなくなってきているように思う。。。
心配だな。。おばちゃん

仮設は 今 ひどい結露と戦う毎日。
窓が開かないなんてことは 普通。

120126_123328.jpg



仮設にも「雑巾」支援いたしましょう。

結露の対策で いい案がありましたら 教えてください。
  1. 2012/02/02(木) 15:06:09|
  2. 東松島 仮設住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0