『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パズルをお届けしました・・・石巻市立飯野川保育所へ

あっという間に 年度末をあわただしく迎えています。
いろんなことがありますね。

それでも 小さい子供たちの笑顔をみると どこか心がポッとあったかくなるのはどうしてでしょう・・

石巻市立飯野川保育所・・・・

お食事前のおともだちが集まったところへ パズル もっていってみました

横山所長先生から お話・・・

130201_111115.jpg

ふむふむ・・・

130201_111127.jpg


で・・・なんだ??

130201_111231.jpg

何がすごいって・・・

こどもたちは パズルのたった1つ、2つくらいのピースをランダムに見ただけで
そのパズルに何が描いてあるのかが わかっちゃうというのが・・・驚き!!!

そんな飯野川のおともだちに 石川県立小松工業高校のおにいさんやおねいさんのことをお話して

仲良く遊んでもらうことを お約束!

130201_111406.jpg



そして 新島雑巾プロジェクトの雑巾 40枚

130129_080339.jpg

新年度になるので おともだち みんなで雑巾をつかって 綺麗にするからということで

これも お約束!




スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 16:54:40|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルを持って・・・石巻市立ふたば保育所へ

だいぶ前になったことばかりを順次アップしています。
これは 1月に訪問した内容になっています。


石巻市立ふたば保育所

幹線沿いの立地条件で たくさんの車が通る環境の ふたば保育所。

前回は時間切れで よくよくお話もできないまま 戻ってくるようになってしまったので
少しお話ができたことが収穫になりました。

園舎は古く 懐かしい感じすらします。

130129_123327.jpg

平屋で雪が積もり あいにく外では遊べない状況。

130129_123333.jpg

それでもお部屋で元気いっぱいな声がこだましていました。

早速・・・

パズル  3つ

これは 石川県立小松工業高校の建築部と美術部のコラボ作品

130129_122525.jpg

そんなこんなで ごらんいただきましたら 感激していらっしゃいました。

その想いなどもお伝えしておきました。
そして 所長先生ご自身もなにかしら障害のある子供たちのことをとても学びのあるかたで
いろんなことを教えていただきました。

保育の現場では少ない人数で 共有情報がたくさんあり
そして どの保育士さんもどんな子供たちへも対応できるように 専門のかたから多くを学び
極めているのだなと感じました

巳年のイメージで描いた絵・・・

130129_123022.jpg

そして・・・

文字・・・

130129_123416.jpg

130129_123431.jpg

芸術的なまでの自由な発想がそこにあります。


こどもたちの自由な絵や文字の中に どんなことを気づかされていくのでしょうか?

これからのこども達の成長の過程に発生するだろう PTSDについても
日頃のどんなことから そのシグナルを見逃さずにいられるでしょうか?

そんな意味でも 周りの大人たちも 子供の小さな変化に気づくことができるような
こころに余裕を持ち アンテナを張り巡らせ 保育士さんたちとともに 家族 地域で
大切な宝物である 子供たちを育てていきたいものだなと感じました
 
  1. 2013/02/28(木) 12:49:18|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京の離島・・・新島から・・・新島ぞうきんプロジェクト

毎日 雪が降る仙台です。今年は一段と寒くなっています。

先日 京都の「柴田洋裁学院」の柴田さんから 沢山の雑巾が送られてきていました。

なんでも 東京にある離島・・・新島からの雑巾とのこと

早速 新島で「新島ぞうきんプロジェクト」を立ち上げ 中心になって活動していらした
藤井さんと連絡をとりました。

みなさん 新島 どこかわかりますか?

東京都 新島村HP

なぜ このような活動をしようと思ったのかなどについて うかがいました。



「新島ぞうきんプロジェクト」のきっかけは?

ぞうきんをはじめたのは、わたしの妹の親友からの紹介です。デザイナーで雑誌を作るときに柴洋さんと一緒にお仕事をしたそうです。
わたしは、2004年から西アフリカの支援を新島で始めたのですが、その新しい形として、雑貨を作り、売り上げをジャンベという太鼓を作るための木を植林する活動にすることを始めたのです。ちょうど東日本の震災がおこる前の年からでした。
もともと新島の人は、手仕事を構えずにする環境があるところだったので、その余力にお願いすることはそれほど大変なことではありませんでした。こうして「新島ぞうきんプロジェクト」がスタートしたのです。
それが口コミで広がり、障がいを持った方々がグループで参加してくださったり、隣の式根島(連絡船で10分です)の方々、高校のボランティア部や中学校の生徒会のみんなが参加してくれるようになったのです。

どんな方法でこの雑巾を被災地へ届けていらしたのでしょうか?

今までも「柴洋」さんに送らせてもらっていました。
2011年3月から呼び掛け始め、合計4回の段ボールを送り、縫ったぞうきんは761枚になりました。
(これは中学校は含めません。)
活動は、主に個々のおうちで縫ってもらい、わたしが集め一括で送る形を取っています。
年に一度、震災チャリティーバザーの会場で、ぞうきんになりそうなタオルを集めたり、送料募金をしています。(今年は4月13~14日)

藤井さんご自身の「ぞうきん」に込める想いはどんなものでしょうか?

わたしがぞうきんを続けているのは、「忘れない」ためです。
ぞうきんを縫いながら、ぞうきんになりそうなタオルを探しながら、被災地を想うきっかけにしてもらいたいから続けています


とのことでした。


新島中学校のほうの活動も新島中学校の先生からお聞きしています。
これもまた 中学生たち50名あまりが 協力して時間を作り 雑巾を岩手の中学校へ送ったそうです。

新島中学校HP


雑巾プロジェクト 思い立ってくださったかた あちこちにいらしたのですね。
みな 理由は様々だけれど そこには この震災で学ばねばならないことがあり それを忘れないということが
とても大切だということは 共通しているように思います。


新島のかたたちが作ってくださった 雑巾は まもなく 石巻、南三陸、東松島のほうへお届けします。


雑巾・・・

仙台市内 北目町の「おひさまや」さんでも集めています


最後に 藤井さんが送ってくださった 新島村(新島と式根島で新島村です)の素敵な写真を・・・

新島ー式根島


  1. 2013/02/24(日) 15:16:07|
  2. 雑巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

facebookでリンクされています!

すこしづつ 日が長くなり 春を感じられるようになってきました
仙台・・・毎日 雪が降ります

どうやら PM2.5が中国からやってきているようで 奥羽山脈には沢山の雪とともに付着が相当の量だそうです。

インフルエンザから咳がとまらず・・・

もう そういう意味ではなんにも怖くない感じもあります。。。


さて・・・

facebookを通し 私の活動について興味を持ってくださったかたがいらっしゃいました。
実家のある千葉のご出身。。しかも 大先輩!!!!

そんなわけで その方のHPのほうをリンクさせていただきます。

松田健太郎さんHP

こどもたちの笑顔・・・
携わってくれた 高校生たち・・・


実に生き生きと掲載してくださっています。

ありがとうございます
  1. 2013/02/22(金) 12:28:48|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石巻市立若草保育所へ・・・パズルのお届けと学び

だいぶ前になってしまいました。
最近は 記事がタイムリーにアップできていません。

でも 全体として頑張らないでやれること・・・というのが 私の支援コンセプトなので
がんばらないでやっていますが。。。。
どうやら インフルエンザというやつに気にいられたようで・・・

この年度末に・・・・高熱でダウン。
しかも 気道内感染があり咳もひどく 肺炎にならずに済んだことが奇跡的。

そんなわけで ちょっとづつアップしていきます。

石巻市立若草保育所

130129_105030.jpg


前回 お邪魔したときにも とっても大きな年長さんのおともだちがいたり
少し身体が不自由だったりするおともだちがいたりします

今回は そんなおともだちにも活用できそうな こんな パズル

130129_104828.jpg

これは 石川県立小松工業高校の建築部のみなさんと 美術部のみなさんがつくってくれました


先生がたから 歓声があがります。

ちびっこたちは ホールで先生たちのお話を聞いていました。

130129_102537.jpg

その間 ちょっとだけ いろんなものを見せてもらいましたよ。

先生がたが工夫してとりくんでいる姿がわかります


小松工業高校のみなさんは パズルを通して 自らの小さい頃と照らしあわせ また
障害のある子供たちへの提案ができるような そんな おもちゃを 進んで作製してくれています。



今回 私がかかわった学校の中で 他の部とのコラボとなっているため 
その広がりが感じられます。

木材の選定、大きさ、手触り、匂い、色合い・・・


建築を学びながら最終的に手にするこどもたちの様子まで考えて作る作品は どの学校から届いた物資からも
感じることができます。

温かく しなやかな 若いチカラを感じます。

こんなふうに市販されているものから・・・

枠入れ1

枠入れ2

枠入れ3


先生がたの手作りのものまで・・・・
色を選ぶ

絵

紐通し2

こんなふうに動きのあるものは とくに喜ぶそうです

動きがある

とても勉強になる学びの多い時間となりました。





  1. 2013/02/18(月) 12:37:20|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。