『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

防災頭巾がぞくぞく 完成!・・・アトリエ オハリコさんチーム

仙台も緩やかに 例年よりも寒のもどりが頻繁ながらも 季節は春を迎えていて
そこここに それを感じることができるようになりました。

この季節の 欅や銀杏は ことに美しく勇壮な姿を見せてくれます

アトリエ オハリコさんたちのチームが 防災頭巾を 作ってくれています。

ここ最近のオハリコさんのブログをご覧ください


この5月で・・・オハリコさん

彼女たちもまた ママさん現役の忙しいなか こうして 支援をしてくれています
本当に頭が下がる思いです。

また 織田ファッション専門学校 さんも交えてのコラボとなるこの作品は また どんな
素敵なものができてくるのか・・・楽しみになります

また 千葉県佐倉市というところで活動しているというのに・・・

石巻とつながったらしいんですよ


石巻と繋がる・・・オハリコさん

きっと そういうことだったんだなって・・・



不思議ですね・・・

こうして みな ちいさな「ありがとう」が 散らばってる・・・
スポンサーサイト
  1. 2013/04/29(月) 18:42:17|
  2. 防災頭巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑巾 縫った方・・・おひさまやさんへ・・・お持ちください 

おひさまやさん

雑巾を作るためのタオルを提供してきましたが
雑巾が戻ってきているといいのですが。。。。

現在の雑巾の状況 をお話します


手元の雑巾はほぼ 在庫なし の状況になっています


これから 梅雨になりますので ますます 雑巾必要になります

ちょっとだけ 支援しようかなというひと
急がないので やってみてください


仙台市内では おひさまやさんで 現在 集めてくださっています

その他 雑巾作ったのだけど。。。。という方は こちらのブログのコメントのほうへお願いします



  1. 2013/04/29(月) 17:58:08|
  2. 雑巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東松島市立矢本東保育所へ・・・いよいよ 東松島へも・・・

東松島市へやってきました・・・
久しぶりです

市役所の子育て支援班の高橋さんにいつもご相談させていただいていて
今回も ようやく落ち着き始めた市内の8か所の保育所へご一緒していただきました

まずは 震災時 津波被害に遭った 矢本東保育所

130416_111909.jpg

当初 おうかがいしていた建物とは違っていましたし 場所も違います

130416_111943.jpg

大きく・・・広く・・・なりましたね
廊下も広く 園舎のすべてにあたたかなおひさまの日差しが届いていました

なだらかな傾斜の屋根・・・
なんとはなくですが・・・太陽光発電なんかもってこいだな~なんて勝手に思う次第でした

ご要望のありました アトリエオハリコさんの支援チーム が作ってくれた スタイ

130416_105120.jpg

それから 積木

130416_110135.jpg

こちらの積木は 千葉県立市川工業高校さん と 東京都立葛西工業高校さん

市役所の高橋さんが これ・・・子育て支援課のほうに置いておきたいな~と 
おっしゃっていました
ええ・・・もう 高校生が一生懸命に作ってくれましたから。。。。

おわけするのがもう手元にないんですよ。。。と笑顔で・・・・
実はもうじき 宮城県工業高校から来るかもしれないという・・・秘密。。


そして・・・・

石川県立小松工業高校さんの パズル

小さな0歳ちゃんたちのお部屋に通してもらいました
先生がたも若くてかわいい・・・そこは関係ないか・・・結構 大事。

130416_105110.jpg

こんなふうに・・・

130416_105004.jpg

なかよく遊んでいます
というか・・・興味を持っています←大事です

それと・・・よ~く見てください・・・
スタイ ちょうどごはんにするところだったので つけてもらいました

130416_105134.jpg

いい感じでしょ?

似合う似合う・・・

子どもたちは 本当にかわいい
澄んだ瞳・・・

このあと クラス全部を渡り歩きました・・・
どのクラスにいっても ハイタッチをしたり お話してくれたり。。。。

年長さんにいってみたら。。。
いろんなことを話してくれましたし たくさんの言葉を知っていることにあらためて成長を感じました

みんなとても可愛くて いつもこうして元気をもらっているのだなと感じずにはいられませんでした


先生がたも いただいたものを大切に使いますねとおっしゃってくださり
本当にありがたいです

  1. 2013/04/29(月) 16:17:57|
  2. スタイPJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズル、雑巾をお届けしてきました・・・石巻市立吉浜保育所~相川保育所へ

石巻市立吉浜保育所

吉浜の津波に襲われたときの映像を3年目にして初めてみました。
それまでは 正直・・・辛くてみることを避けていたところもありました

いつも通る道・・・

水門・・・

にっこりサンパークのゲート・・・

水門がどうして あんなに流されちゃったのか・・・
わかったんです

自分で一人検証・・・

それは置いておいて・・・
吉浜保育所へ行ったときは みんな お給食の時間でした

「こんにちは~」と元気な声がします

130326_113148.jpg

お給食のときは 先生がた 大忙しなのに ごめんなさい。

今年は4名の子供たちでスタートしています

たった 4名になってしまうけれど こどもたちは 元気いっぱい。
吉浜は この地区では 障害のある子供たちを受け入れています

そんなことから 石川県立小松工業高校の生徒さんたちが作ってくれた パズル 差し上げました

130326_112342.jpg

そして・・・・
新島のみなさんが作ってくださった 雑巾 20枚

130326_112348.jpg

写真に写ってないけれど・・ 東京都立葛西工業高校の建築部のみなさんが作ってくれた 積木

これもまた 差し上げました

どうして写ってないか・・・おろしてくるのを忘れてしまい 
あとから 送ったの・・・ごめんなさい
とっても楽しみにしてくれていたのに・・・大失態でした

吉浜保育所の大槻所長先生もなんと ご退職。
でも 今は 支援センターで活躍中。
長年培った 保育魂で 小さな子供たちとそのお母さんたちにきっと素敵ななにかをわけてあげていることでしょう。

石巻市立相川保育所

130326_124705.jpg

20名くらいの子供たちが広い園舎と園庭で元気に遊ぶ姿が見れます
子育て支援センターに勤務されていた 高山先生もいよいよ引退ということもお聞きしていて
残念ですが さすがに 高山先生 お疲れになったでしょうから ゆっくりとしてもらいたいです

トムくん むっちゃん みんなみんな 小学生になったんだな~
むっちゃんが まるまるちゃんというお話を紙芝居で読んで見せてくれたときが懐かしい

こちらの相川では 武山所長先生と長島副所長先生のおふたりがご退職になるということから
最後にいろんなお話を。。。。

武山先生は 支援センターでお目にかかれそうです。

本当に素敵な先生がたばかりで 感謝でいっぱい。

高校生も同様に変わっていきます
先生も異動になります

でも この「伝える」心を大切にしていきたいと思います
  1. 2013/04/23(火) 14:56:50|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑巾と積木をお届けしました・・・石巻市立大川保育所へ

石巻市立大川保育所

この大震災でこの 「大川」という地名 全国区になりました

震災のときに逃げた山の上の鳥居がとっても遠く 高く見える大川保育所

門間所長先生は 小柄でよく動かれる スタミナのある先生。
インフルエンザも今年は あまり所内で流行しなくてよかったわとおっしゃる笑顔◎
近隣の小学校や中学校と連絡をとりあい インフルエンザの流行について一緒に取り組んでいたとのことでした

大川小学校のあたりに住んでいたひとたちは うちが流されて 人もたくさんいなくなり
子どもたちの保育も激減。
それでも 大川保育所がないと 困るという保護者もたくさんいらっしゃる

ここには 新島のみなさんが作ってくださった雑巾  20枚 お届けしました

130326_105522.jpg

それと 千葉県立市川工業高校の生徒さんが作ってくれた 積木

130326_105501.jpg

ほら・・・みんな嬉しそう・・・
結構 こういうのをお届けすると 誰が持つか?で もめます。。。(笑)

門間所長先生も 3月でご退職されました
いつも笑顔でお迎えしてくださり この日もなんだか車の中で食べなさいなんて お菓子を握らされ・・・
ありがとうございます

先生、、、ご恩返しなさっているようですね  支援センターで。。。。そのうち。。。

さて・・・・
この橋… 大川小学校のすぐに架かる橋です。
震災時は 橋が流れました
渡れなかったのです
現在は復旧して 流された橋も ちゃんと川から取り除いて・・・

130326_110600.jpg

そして・・・
このトラックの向こうに降りていくと・・・大川小学校なんです。
この道の高さは 堤防の高さと同じですから 大川小学校は 堤防のはるか下・・・
見えないという恐怖もあるのだと思います

130326_110641.jpg

実際にご覧いただくとよりリアルにわかります

そして 裏山に・・・という報道がされていますが・・・
この裏山への道・・・
これもまた 報道のカメラではなく ご自身で ここで 見てください

本当に本当に・・・この道をこどもたちは登れるのか?どうか?

見ることが一番です。
  1. 2013/04/21(日) 14:45:17|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルと雑巾と・・・石巻市立鹿妻保育所~石巻保育所へ

石巻市立鹿妻保育所

ずいぶん前になりましたが・・・強い風が吹いているときでした
鹿妻保育所は 石巻市内でも海にとても近い地域で 住宅地の中にあります
日当たりのよい園庭で とても元気な子供たちがいっぱいです

そんな鹿妻保育所は 住宅地が密集している地域でもありますし 牡鹿地区や女川からの往来が多い地域でもあることから 多くの子供たちが預けられています
中には すこし特徴のある個性的な子供たちもいて・・・

そんな子供たちに・・・と 阿部所長先生にお渡ししました



石川県立小松工業高校 パズル 

とても嬉しそうににこにこしながら 感謝でいっぱいだとお話されていました


130321_111321.jpg


そして・・・

東京都新島のみなさんが縫ってくださった 雑巾

さっそく 使わせてもらいますね~と おっしゃってくださり こちらも感謝でいっぱい!!

阿部所長先生は 3月でご退職されましたが これからは また さまざまなことに目を向けながら
先生らしく朗らかに過ごされるとのことでした
震災後から 沢山の御苦労があったはずです。
笑顔に支えられたのは 私のほうでした・・・

先生 ありがとう

石巻市立石巻保育所


130321_121916.jpg

こちらには 新島のかたたちからの雑巾 40枚差し上げてきました

所長先生と副所長先生 にこやかに迎えてくださいました
若生所長先生は やはりご退職。
大好きなこの仕事をおやめになるという決断は 様々な事情があってのこと

震災からほんとにいろんな貴重な時間が過ぎていきました


  1. 2013/04/21(日) 14:37:16|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パネルシアター presents こりす雑貨店の活躍・・・

昨年の夏にスタートした仙台やその周辺におすまいの作家さんたちの販売会「こりす雑貨店」
不定期に開催される販売会では たくさんのお客様がやってきます

そして 手造りのぬいぐるみ、リース、小物、洋服、がまぐち、パン、お菓子、お花、コーヒー、和菓子、お皿・・・・もう ほんとジャンル問わず たくさんのモノたちが競演します。

その「こりす雑貨店」を運営しているのが 
現役の保育士さん ちーちゃんとくーちゃん ピアノの先生の のぶりん。

震災以降 自分たちに何かできないかと思いを巡らせ 参加してくれている作家さんたちと話し合って
この 「こりす雑貨店」での売上の一部を支援に使おう と なんと 第1回目から支援をしてきました。

第1回目は お花
第2回目は 「小さなプロジェクト」
へいただきました。
この支援金のほうは 東松島市で開催したイベントと南三陸町伊里前保育所への緊急用バッグに使用いたしました

関連記事は こちら

東松島市イベント


そして 
第3回目は パネルシアター

このパネルシアターのほうは 3人がひとつひとつ お話を吟味して 子どもたちがよろこびそうなお話を
選んで 自分たちで絵を描いて 色をつけたり 縫ったり 貼ったり・・・

まさしく手作りのパネルシアターになりました

そして 石巻市のすべての公立保育所へ 2つないし3つのお話が届きました


この作製に関して その材料を手配するにあたり ご協力くださった
 大東出版社 佐藤さま

無理やりの電話攻撃(笑)で 佐藤さまとお話させていただき 販売店を通さずに直接購入させていただけましたこと この場を借りて お礼申し上げます。

また 大東出版社 関係者さまにおかれましても ご協力いただけ スムーズな支援活動ができましたことを
ご報告いたします。


すべての開催に同行することはできませんでしたが こりすの3人が 雨や雪の中 暑い中 いやな顔せず
待っている子供たちのために活動してくださった
ことも 頭の下がる思いです。

そして 沢山の作家さんたちに ご協力いただき 大切な売上のなかから 材料費などをねん出できたこと
そのことにより 被災地 石巻市の子供たちが 笑顔になれましたことを お礼申し上げます


詳しい記事は こちら

smily cafe:ちーちゃんブログ

こりす活動①

こりす活動②

3人とも とっても疲れたことと思います
でも いい経験になったと先日 笑顔でお話を聞いてきました

そして・・・そして・・・・

なんと 第4回「こりす雑貨店」 開催が決まりました!!!と ちーちゃん と くーちゃんのブログに掲載されていたので
お近くの方 そうじゃない方 どうぞ おたずねください。

6月9日(日) 
11:00~ 15:00
上杉農園 「樹の下」さん


こりす雑貨店 開催決定!


私の大好きな 「樹の下」さんでの開催です。

上杉農園「樹の下」さん

今度はどんな 支援をするか 考えているそうですよ。
おいしいもの かわいいものを購入して 少しだけ支援してみたい方 ぜひ おいでください。

  1. 2013/04/21(日) 04:57:58|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「てくてく」を通して想うこと・・・大工さんPJから2年 アトリエデフさん

小さな冊子 「てくてく」

仙台と長野を結ぶ 絆


「てくてく」との出会いは もう数年前になります

「おひさまや」さんで食事をして そのときに 鴫原さんに教えてもらった
「まちなかeco マルシェ」に出店していた

 アトリエ デフの社長 大井さんと巴ちゃん

その小さなきっかけで 震災後もこうして こちらのことを心配してくれ

たくさんの支援をいただきました

*過去記事は コチラ

大工さんPJ


そんな アトリエ デフさんのその後・・・


130420_072841.jpg


こんなふうに もういちど 大震災を振り返っていらっしゃいました

 
130420_072902.jpg

本当に ありがとうございます
  1. 2013/04/20(土) 23:15:59|
  2. 大工さんPJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

防災頭巾が到着しました…アトリエ オハリコさん





さて 先般もご紹介した通り 丁寧に作ってくださっている 防災頭巾 50枚 到着しました

これで 100枚の防災頭巾が手元にあります

が 未満児さん用の頭巾が来てから 随時 お届けにいきたいと考えています

オハリコさんの 支援サークルのみなさん

ありがとうございます
  1. 2013/04/20(土) 22:26:23|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

防災頭巾について・・・アトリエオハリコさんから

防災頭巾  360枚 

実は 石巻市の北村保育所など山あいの保育所6か所では 人数が増え 
防災頭巾が不足しています。
また この件について アトリエ オハリコさんの震災復興支援サークル で作っていただけることになり 先日 50枚が送られてきました。
  

130328_091230.jpg

なにせ 枚数が枚数なんで・・・

そこで またまた 東京は中野にある 織田ファッション専門学校の学生さんたち有志 が 製作に関わってくださることになりました。


130328_093630.jpg

こんな感じの防災頭巾は 中綿にこだわりを持ってくださっています。

化繊の軽い綿では 火の粉がかかったら 熔けてしまうし 危ない・・・ということで 
わざわざ きちんとした綿を集める ところからスタートし
打ち直し 綺麗にしたものを
裁断して すでに 200枚ベースに乗っているとのこと。

実は あとで掲載しますが このあと 50枚 到着しています。

アップが遅くなりすみません。

乳幼児サイズのものも作ってくださっています。

詳しくは アトリエ オハリコさんのHPをごらんください。

アトリエ オハリコ 防災頭巾

  1. 2013/04/20(土) 12:13:23|
  2. 防災頭巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルを届けました・・・南三陸町志津川保育所

130409_123350.jpg

南三陸町は まだ サクラがつぼみ。

130409_123240.jpg

公園には ふきのとう

130409_123203.jpg

それに つくし

130409_123053.jpg

外の風景はかわらないけれど・・・でも なにかゆっくりと動いているのかもしれない

130409_123104.jpg

南三陸町立志津川保育所

届けてきました


パズル  第2弾

石川県立小松工業高校の建築部&美術部の作品


6個セットで 絵柄は 12種類

130409_130725.jpg


一緒に食育ミーティングでいらした 名足保育所長と伊里前保育所長と分けようか・・・と
そんな話をしておられました

仲良く分けるっていうのも よろしいなと思った私。

「子供たち 喜ぶと思います~」と感激してくれました。

  1. 2013/04/20(土) 11:57:43|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルと雑巾を届けてきました・・・石巻市立桃生新田保育所へ

石巻市立桃生新田保育所

パズルと雑巾を届けてきました

パズルは 石川県立小松工業高校の建築部と美術部のみなさんの作品

木村所長先生から お話を聞いています

130307_123312.jpg

まずは 雑巾のお話。

雑巾は 東京都新島村のみなさん
からおくって頂いたことと お部屋をきれいにしましょうねというお話。

130307_123328.jpg

「私は これがいい」

「僕は 青いのがいい」

「僕も・・・」「僕も・・」

青い雑巾が大人気です


そして・・・

パズルもプレゼント

早速・・・ひっくり返してました~

もくもくとやる・・・

130307_123912.jpg


みんなで やる・・・

130307_123937.jpg


「仲良く使えますか?」 と 聞くと

「はーい」 と元気なお返事をいただきました。


雑巾 と パズル
どうもありがとうございました~


と 元気にあいさつしてもらいましたよ。

きっと 新島のひとも小松工業のお兄さんやお姉さんたちも喜んでいることでしょう

本当にありがとうございます

  1. 2013/04/14(日) 20:24:50|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑巾と折り鶴・・堺っこくらぶのみんなから・・・南三陸町へ。。。。

先日 ご紹介した大阪の堺っこくらぶのみなさんから預かった雑巾
 南三陸町の志津川保育所、名足保育園に差し上げました。

130409_141352.jpg

「とても助かるんです」

「嬉しいです。雑巾はいくらあってもいい・・・」

「小学生が縫ってくれたんですね。じょうずに縫えてる」

と 褒めていただきました。

同席していた 4月から伊里前保育所の所長になられた工藤先生はご自宅が流失され
いまも仮設住宅におすまいです。

「仮設でも雑巾はとても重宝するんですよ」とおっしゃっていました。

それから・・・
一緒にメッセージボードとカードをお渡ししました。


同梱されていた 折り鶴

南三陸町 防災庁舎跡に置いてきました

130409_120840.jpg


130409_121901.jpg

南三陸町 防災庁舎Youtubeより

毎回 南三陸町にいくときは 手を合わせてきます
この中で最後のそのときまで 防災無線で町のひとに非難を呼び掛けたのですから。。。。

今の南三陸町志津川地区の映像・・・

もう 大きな建物がぼろぼろになった姿をさらしてはいません。
でも・・・喪失感でいっぱいになる。。。

130409_121943.jpg

海がきらきらと光っているのが見える

まだ 建物の基礎が 無残なすがたを見せつけている

ああ。。。この中で この風景の中で 子供たちは強く生きているのだとつくづく思う

 
  1. 2013/04/14(日) 14:41:00|
  2. 雑巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑巾が届きました・・・大阪府堺市立東陶器小学校「堺っこくらぶ」から

遠く大阪は堺市から元気いっぱいの
堺市立東陶器小学校 「堺っ子くらぶ」 の子供たちから 

のびのびルーム「堺っ子くらぶ」

雑巾、折り鶴、メッセージが送られてきました。

発送



堺市立東陶器(ひがしとうき)小学校
堺市立東陶器小学校

東陶器小学校概観


大阪は 東北のひとにとっては遠いところ。

でも 3.11東日本大震災のときに まっ先に来てくれたのは 関西のひとたち。
多くの人たちが学校や公民館などの避難所へ押し寄せたとき
食べ物など配布するのを率先して行ってくれていたのは 
関西の人たちでした。

「がんばろうや!」

「負けたらあかんで!」

「しっかりしぃや!」

あちこちの避難所から 関西弁の威勢のいい声が響いていました。

堺市は大阪でも昔から有数の商人の街。
東陶器小学校は 堺市立の小学校の中でも大規模校とのこと。
人情溢れる子供たちが

「被災したひとたちに何かできないか?」

「頑張ってほしい」

そんな想いをこめて 1年生から6年生まで縫ってくれた雑巾 全部で81枚

荷物の中身

雑巾PJを関西でも・・・と
動いてくれたのが 大阪府立大学のIさんと同じくYさん
とっても素敵なおふたりが 自分にできることを・・・と 力を貸してくれました

Yさんは私の活動にこんな風におっしゃってくれていました。
小さなプロジェクト みんな手をとり輪を広めていく。
Iさんにこのプロジェクトのお話をいただいたとき、日頃から私自身も何かをしたいという
思いをもち生活をしておりましたから、本当に嬉しくて何か少しでもお役に立てればと思いました。
また、東陶器小学校は、Yさんと息子さんの母校であり、今も指導員の方と交流がつづいていることから
このようなご縁をいただくことができました。

Yさんのお仕事は 大阪府立大学職員。
元大阪府職員で、大阪府職員の時は総務・環境・労働・土木部門での仕事に携わり
平成18年に大阪府立大学へ期限付き派遣を命じられ、大学の地域貢献部門である
部署へ配属(現在 地域連携研究機構 地域連携研究推進課 地域連携室 主査)
公開講座を主に地域に開かれた大学を目指し色々と企画、実施していらっしゃいます。

主な業務内容は、公開講座の他に、大学教員による高校への出張講義や民間等への出前講義の調整業務。
民間企業や地域団体の大学見学等のいろんなニーズにお応えするいわゆる地域貢献。
他にも小・中学生を対象に理科支援事業、その他、教員が実施するイベントの応援等々
なんでも対応できることは実施する?というような部署で仕事をされているという非常にパワフルなお母さんなんだな~と思います。

そんなわけで YさんとIさんの連携プレーにて実現。
関西の子供たちにも 災害について学んでもらえるチャンスを作って
自分たちの町を守れる担い手になってもらおうというそういう取り組みの一つです。
(私が勝手にそう思ってるだけですけれど・・・ははは)

縫ってくれて ありがとう

堺っこくらぶのみんな 

集合写真
  1. 2013/04/13(土) 23:58:18|
  2. 雑巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルと雑巾を届けてきましたよ・・・石巻市立和渕保育所

ぐんぐん内陸に行きます

和渕のあたりは 津波被害を大きく受けた人たちが 建築ラッシュ!!!


石巻市立和渕保育所

ちょうど 先生たちとお昼ごはんを食べているちびっこと一緒にお話をすることができました。

いろんな生き物の話・・・
おうちの話・・・

楽しかった~

東京 新島のみなさんが作ってくださった 雑巾 20枚

副所長先生が笑顔で・・・

130307_120418.jpg

ありがとうございます

まずは お昼ごはんが終わったふたりの物知り博士くんたちに持ってもらって
金子所長先生も一緒に パチリ・・・

130307_120450.jpg

それから・・・男の子たちふたりに連れられて ぞうぐみさんのところへ行きました。

パズルを贈呈・・・

パズルは 言わずと知れた 石川県立小松工業高校の建築部と美術部のコラボ作品

130307_120936.jpg

私も・・・僕も・・・持ちたい~~~という中 仲良く パチリ
ぞうぐみさんのみんなです。

130307_120921.jpg

お兄さんたち、お姉さんたちに大きな声で ありがとう

聞こえるといいな~

  1. 2013/04/13(土) 16:53:57|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑巾を届けてきました・・・石巻市立前谷地保育所

石巻市立前谷地保育所

所長先生が笑顔いっぱいで
 東京 新島のみなさんが作ってくださった雑巾 20枚

作ってくださったかたの心を大事にしながら 使いたいというお話をいただきました。

たくさんのかたが関わってくれた 雑巾。

いまの子供たちにも きちんと雑巾が絞れるようにと 指導してくださるそうです


130307_105155.jpg


なぜか・・・写真がないのは ちびっこたち みな 給食を食べていたから・・・

私もなぜか・・・給食をいただいてきました。。。。

写真撮るのをわすれました~


雑巾 使って キレイにしましょう。

  1. 2013/04/11(木) 16:46:38|
  2. 雑巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルを届けてきました・・・石巻市立北村保育所へ

応急仮設住宅が並ぶ地域・・・

130307_104035.jpg

石巻市立北村保育所

こちらの保育所では 内陸部にありながら地盤沈下がひどく 
園舎の修理もままならない状態です

でも昨今の石巻市の予算で どうやら 建て替えが可能ということで 今年から来年にかけて
いまの場所の近くに新しい園舎が建てられるということを 原田所長先生から聞きました


せっかく渡したのに・・・
私がプレゼンターになっちゃったから 写真がなくてすみません。

130307_101735.jpg

みんな ホールに集まっていたので とびいり参加でプレゼントしてきました。

年長さんが 代表して受け取ってくれました。

パズル 

石川県立小松工業高校の建築部と美術部のコラボ作品


大きいお兄ちゃんやお姉さんに 大きな大きな声で

ありがとうございました~

いただいてきました~

 
  1. 2013/04/10(水) 15:16:14|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南三陸町に来ています


メグロが鳴いています

ヒヨドリが飛んでいきます

ダンプが山から削り取った土砂を運んでいきます いったいどこから砕石してきたのか…
大きな石を積んできたダンプもいます

天気はほぼ 快晴に近い空
気温 16°

鳥たちは ねぐらを奪われつつあるのだと 今 車を停めて 鳥たちの声を聞いて ダンプに向かって威嚇している姿を見て ハッとしました


津波と地震という脅威に晒されたのは人間だけじゃなくて
実は直接的には被害を受けなかった山に住んでいる生き物たちは 二次的に被害を受けつつあるのだということを…

木を切り 山を削り…
どこかでなにかを壊しながら生きて行かねばならないこと

私たちも自然の一部ではあるけれど 少し奢っていないだろうかと…

ほんの少し 思った


さぁ いまから 志津川保育所へ
  1. 2013/04/09(火) 11:59:06|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑巾をお届けしてきました・・・石巻市立須江保育所

3月の頃にお届けしてきた内容になります。
しばらく 更新できずに申し訳ありません。
すっかり 元気になったかな?まぁ なったかなというところです。
これからは も少し早く アップできるようにしたいと思います。

石巻市立須江保育所

須江保育所は 石巻市の内陸に位置しています。
周りは田圃が多く とても穏やかな地域。

前回 お伺いしたときは 大急ぎでした。
加藤所長先生ともあまりお話ができないまま・・・

公道より少し下がったところに位置しているので震災のときのことを少し聞いてきました。
昔 沼だったところに保育所が建っているので 地盤沈下がひどく さまざまなダクトが壊れ 被災したときは手に負えない状態だったとおっしゃっていました。

あちこちにまだその歪みが残り そのむごさを見せつけています。


2歳さん、3歳さん。。。
障害がある子供たちも元気いっぱいに遊んでいます。

130307_095621.jpg

顔を出すと みなニコニコしてあいさつしてくれます。

130307_095552.jpg

もう ほんとにかわいいんです。


加藤先生にお話してきました。

雑巾 20枚

130307_095722.jpg

この雑巾は 東京都にある新島という小さな島の人たちが 心をこめて縫ってくださったということ
私がわかる範囲で新島を説明してきました。


先生からも

ありがとう

という言葉をいただき、ちびっこたちにもお話してくれることをお願いしてきました







 
  1. 2013/04/06(土) 18:12:20|
  2. 雑巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0