『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

ギャラリーSORAさんへ行ってきました・・防災・・

ギャラリー SORAさん

130924_124012.jpg


東京から快速のグリーン車に乗って 行ってきました
佐倉

佐倉へはいったことないので ワクワク

案内所のおばちゃん すごくいい人で 感動。

観光案内所で 教えてもらいタクシーに乗車。

タクシーのおじちゃんと話。
どこから来たのかという問いかけに 

仙台です。

たいへんだったね。

そうですね。でも これから佐倉も大きな災害に見舞われるかもしれないから 気をつけないといけませんね。

津波も来ないし ここいらへんは 大丈夫!

災害は津波だけじゃないですし・・・

ま~福島の放射能が心配だな。ここいらもずいぶん 放射能被ってるらしいし ま~買い物にいっても
福島の魚とかは やっぱり 買わないもんな

・・・・・



こういうの やっぱり 風評被害っていうんだな。

ちょっと ガックリしながらだったけど そうこうしているうちに SORAさんに到着しました。



そして みなさん 待ってくれていました。

早速 みなさんに自己紹介していただきながら 私の活動について お話をしていきました。

時折 顔をしかめるような話もしました(グロテスクな本当の話)


災害ということに対して どこまで 個人として 家族として 確認や準備をしておいたほうがいいのか?
そんな話を中心にしていきました。

10:30くらいに到着して 1:00すぎには さよならしてきましたが
とてもいい滞在になりました。


みなさんのそれぞれのコミュニティーにおいて 
自分ができることとできないこと
準備できること
知っているといいこと

避難所で 自分がどう動いていくかもふくめ 勉強になったというご感想をいただき 
こちらこそ ありがとうの想いをかみしめながら 佐倉をあとにしました。


おいでいただだいた みなさま


たいせつな時間 ありがとうございました。

また 行きますよ。。。。



スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 17:13:51|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

織田ファッション専門学校へ行ってきました

織田ファッション専門学校

東京は中野駅からすぐにある 織田ファッション専門学校 へ訪問してきました

ファッションショー が実施されていて 沢山の高校生や保護者のかたたち
そして 多くの卒業生のみなさんがいらしてました

とっても素敵なファッションショーだったのですが 写真に撮ることができなかったので
うまく伝えることができません。

とても印象に残ったのが きもののショー

かわいい帯結び、ヘアスタイル、小物のひとつひとつまで トータルでばっちり決めていました

帯結びがうさぎだったり 猫だったり・・・孔雀や鶴なんてもう豪華でした

今回は 昨年の スタイに引き続き

今年は 防災頭巾に携わってくれました


アトリエ オハリコさんとのコラボなんですが 未満児用の防災頭巾も作ってくれています
オハリコさんで中わた 布の裁断などをして それを中野まで お届してくれました
お届けしてくださった横山さん ありがとうございます

これに関わってくれた 学生さんは 

服飾の学生さん 50名

きものの学生さん 10名強


この夏休み前に集まり学校にあるものなどを使用して作ったとのことです。

この防災頭巾は 今週 送ってくださるそうです


横山さんともファッションショーのあとにお目にかかれました
ほんと ありがとうございます。

そして 宇佐美校長先生ともお目にかかれました

この大震災のあと まもなくから 学校として支援活動をしてくれていたということを伺いました

1つめ
3月11日は 卒業式だったそうです 新宿のホテルで開催されていた卒業式。
そのあとは みな 謝恩会などのパーティが企画されていたそうです。
でも あの揺れ。。。。
その後 ホテルにとどまる学生さんや歩いて帰宅する学生さん
そんな確認をしながら 状況がようやくつかめたのは 夜遅くなってからだったそうです

そして そのときにパーティに使うお金をすべて 支援でどちらかへご寄付されたということでした

2つめ
3月末から4月にかけて さっそく 被災地のひとたちが寒いということからペットボトルをゆたんぽのようにするということから そのカバー作りに学校を開放したり 作成をしたということでした


個人的にも学生さんたちが 被災地の支援活動に加わったという話もうかがいました

そして ファッションショーにも見るように 
なにかひとつだけ集中して教える授業展開ではなく 全体を把握し どんな仕事であっても
こなしていけるようなオールマイティな学生さんを育てているというお話を伺ってきました

そしてそして

平尾先生が 被災地をご自身の夏休みを利用していらしたというお話をうかがうこともできました

沿岸部をご覧になり ときおり 道がなくなっていることや ご自身が積極的にお話をして
被災地のかたたちの今を感じていらしたそうです

その折 石巻市立鹿妻保育所 へお立ちよりくださったそうです。
被災直後の鹿妻保育所の様子について少し お話ができました

ありがたいことです
このことを伝えていきたいという想い しっかりと伝わってまいりました

宇佐美校長先生をはじめ 高橋先生 そして 平尾先生にお時間を作っていただき 
ありがとうございました。

そして 防災頭巾が到着したら また しっかりと子供たちにお届けしたいと思っています
  1. 2013/09/23(月) 23:10:51|
  2. 防災頭巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギャラリー soraさんへ訪問します

すっかり 秋の空になりました。

所用があり 東京へまいります。
翌日は 千葉へもいってまいります。

9/23は 中野にある 織田ファッション専門学校

9/24は 佐倉へ・・・

そして 時間があれば 千葉県立市川工業高校 へ・・・


ひとまず・・・ こちらへ・・・

「ギャラリー SORA」さんにて・・・ 
ギャラリーSORAさんは コチラ ・・・

9月24日 火曜日  10:30-11:30くらい

被災地の現状、これからの防災についてしておきたいこと
支援の状況や今後のこと
みなさんの聞きたいことに答えていければと思います。

小さい子供たちのいまを 伝えたいと思います。

内陸だからと安心はできません

内陸で大丈夫だというのは 津波被害だけです


そんなことを 生の佐倉を見ながら 考えてみたいと思っています。


お時間のあるかたは どうぞ。







  1. 2013/09/17(火) 20:27:10|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉県立市川工業高校から 提案をいただきました

千葉県立市川工業高校 

新しい年度を迎え 昨年度 この支援にご協力くださいました峯先生はご異動されましたが 引き続き 森川先生という先生をお迎えしました。峯先生からの引き継ぎの中に この支援についてもお話があったようで 本当にありがたいお話です。感謝でいっぱいです。

そして 早速 ご提案をいただきました。


筆箱 どうだろう?


P1000701.jpg

20cm×7cm×3cmの筆箱。
よくできています。
手始めにということで このような細かな作業のものを・・・

P1000700.jpg

ねぇ いいでしょう?

P1000699.jpg

それから いろいろと連絡を取り合ってきました。


椅子 どうだろう?

P1000762.jpg

ということで 今度は椅子も試作してくれました。

座面幅 26.5cm
高さ  20cm
奥ゆき 28cm

P1000761.jpg

という造りです。

もちてが付いていて 移動にもとても便利。

座面は 30cmにしてもらうことにして・・・


この材料は 「杉」

高校生ならでは・・・というのが この材料の調達が・・・

「工業技術基礎」 という科目の授業で使用した 9cm角 40cmの長さのいわゆる使用済みの材料。
 

椅子は 以前から アトリエ・デフさん により支援をしていただいておりましたが
あの 椅子をご覧になった先生がたが 欲しいという要望があちこちから聞こえていました。

ですが なかなか・・・

今回は 石巻市立荻浜保育所の ちびっこまんにプレゼントということで進めていこうかと考えています。 

  1. 2013/09/17(火) 12:06:47|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2ねんと6かげつ

あれから 2年6か月です。

Thank you in advance for joining us in a moment of prayer for the victims at 2:46 p.m. JST.
  1. 2013/09/11(水) 08:00:52|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルをお届けしながら防災についてお話・・石巻市立井内保育所

石巻市立井内保育所

130827_130118.jpg

すっかり お昼寝タイムになってしまった 井内保育所 訪問時間。
どうしても 日程がカツカツになってしまいます。

千葉所長先生が 未満児ちゃん抱っこして お迎えしてくださいました。

「あまりにも雨がひどかったから 仙台から来れないんじゃないかと思ってたの」と 心配されてました。
いや~ ほんと すごい降り方でしたから。

ほどなくして 職員室にてこそこそ(お昼寝してるから)小さな声でお話。

石川県立小松工業高校の建築部、美術部、インターアクト部コラボ の パズル 


130827_142025.jpg

4月に蛇田保育所から異動していらした先生・・・
一緒に パチリ!

井内にいるけれど 蛇田での様子も聞くことができたので よかった~


所長先生が 震災のときに勤務していらした 
門脇保育所には
15mを超える津波が 正面からきて 2階建ての鉄筋コンクリート造りの園舎 見る影もなく・・・崩壊


本来は 門脇小学校 へ避難というルートが市で決められている避難場所

門脇小学校・・・ってどこだ?って思うでしょう?
NHK「紅白歌合戦」で 長淵剛さんが 唄った場所ありましたよね?
震災の当日 門脇地区は 津波で流されてきた家屋や車、ボンベなどと一緒に火災が起き
火の海になりました。

門脇小学校

もし ここに逃げていたら???と思うと 60名の子供たちと約20名の先生たちは・・・

そのときの所長判断で 門脇小学校の裏の山が崩れたときにそのあと 小さな子供たちが2次避難ができないと判断し 避難訓練では練習したことのない 石巻保育所(日和山にあり 市内でも標高がたかいところ)への避難を保育士さんへ指示。

こどもたちは 0歳から6歳。
石巻の3月 門脇保育所は海から10mほど・・・
風と大雪。
たびかさなる 大きな揺れ・・・

お昼寝の時間だった子供たちは パジャマから洋服に着替えた
だれひとり 泣く子供がいなかったそうです
「ただならぬことがおきていると子供ながらに 保育士さんの表情や行動から察したのだと思いますよ」 と先生。
なんと 5分で全員 身仕度が完了。

小さな子供たちは お散歩ようのカートの中にいれられ 3歳~の子供たちは みな同じ帽子をかぶり
先生の後を歩く・・・
雪の中をだれも文句も言わずに歩く。

途中 車が大渋滞しているのを横目に 子供たちなりに急ぎ足。
大人が普通にあるいても30-40分かかる道のり。

道行く人たち、車に乗っていたひとたち 
このこどもたちは みんな 亡くなったんだろうと 思っていただろう

でも みな無事に石巻保育所へ到着した
津波は みないまま 子供たちは園舎の中に入れた
その後 まもなくして 石巻の市街地を 炎の海にし すべてのものや人をさらった

それでも 千葉所長先生 ご自身 
その指示が適切だったのかどうか? 疑問だとおっしゃっている

先生、 それ 先生の好判断でしたよね
みなさん 感謝していらっしゃいますよ

と お話してきた。

スムーズに子供たちを保護者に返すことができた そのファイルをみせてもらった
走り書きでファイルそのものに記入されている名前・・・・

そのペンの勢いや 色・・・
滲み・・・・
震災のときの混乱した状態が 手に取るように感じられる

でも 門脇保育所のこどもたちが 無事だったのは いくつかの偶然があったんだなと感じました

そのひとつは・・・ 

1か月に1回 必ず 避難訓練(火災・地震・不審者など)をしている中で
様々なシチュエーション(場面)を想定して 実施
していたこと

朝の時間、外遊びの時間、給食の時間、お昼寝の時間、帰りの時間、プールに入ってるときなどなど

おそらく これが 慌てずに大人も子供も対応できた一番の理由。

ふたつめは・・・

震災のあったときは 3月11日

4月から入所して(中には随時入所の子供もいるけれど)
先生がたも子供のこと 親のこと 顔がほぼ わかっていたこと


これ 結構 大きな要素だなって思う反面
災害は いつくるかわからないから 4月だったらどうだったんだ??って
今後の課題だなとも思う


みっつめは・・・

やっぱり 所長先生の判断
これに従った 20名近くの 保育士さんたち

ナイスプレー!!!!

ここが 瞬時にできるかというところです


千葉先生のお話の中で 一番 大切だと思ったのは・・・

持って避難すれば 役に立つもの、大切なものはいっぱいあるけれど 命が一番大事ですよ

という言葉。


これからは 被災地以外のところの子供たちを守る人たちに
防災意識を一段ともってもらうように 啓蒙活動も合間にしていきます

たくさんの命を守った先生がたから 聞いたことを ほかの地域でも活かしていかないと
震災から つたえていけるものが何もなくなるから。。。

というわけで とてもいい時間を過ごせました。


 



 
  1. 2013/09/01(日) 20:50:48|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルと雑巾をお届けしました・・石巻市立若草保育所~石巻保育所へ

石巻市立若草保育所

何度行っても なんだか 迷ってしまう私。
小さな保育所に たくさんの子供たちがいます

和渕保育所から異動になった 金子所長先生とおひさしぶり。
半年前くらいに会った 男の子もすっかりお兄ちゃんになっていました。
こどもの成長って 早いな~

お昼寝前のちびっこたちに パズル を渡してきました。

130827_123705.jpg

小さな子にも貸してあげてねというと とってもいいお返事がかえってきました。

あとは 大丸藤井さん からの 文房具 を先生がたにお渡し。大変 よろこんでいらっしゃいました。

前回 初回パズルも使用してもらっています
この保育所には それを有効活用してもらえそうな園児が多くいます
保護者のかたも非常に協力的でいらっしゃるため 知育教育玩具として 積極的に使ってもらっています。


さて つぎは・・・

石巻市立石巻保育所

ちょっと写真が暗くなってしまって・・・ 岩渕所長先生の姿が。。。。。すみません。

こちらには 大丸藤井さん の 文房具 と 東京都新島村のみなさん の 雑巾

130827_155553.jpg


そして 12月においでいただく 「子供の絵を読み解く」の打合せをしてきました。

この 「子供の絵を読み解く」については 後日 しっかりと掲載していきたいと思います。

兵庫県で阪神淡路大震災を経験した 先生がさまざまな子供たちとそれをとりまく大人たちについて
先生がたの疑問や不安に答えていきますよ
とても楽しみです。

  1. 2013/09/01(日) 19:48:43|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルと雑巾をお届けしました・・・石巻市立橋浦保育所へ・・

石巻市立橋浦保育所

130827_110436.jpg

大川小学校と北上川をはさんで ほぼ真向いにある保育所で 大川小学校同様にして 川より低いところに
園舎があります。

いつも笑顔で迎えてくださいます。

130827_111118.jpg

ちょうど ちびっこたちはお昼ごはんの時間だったので 代表して先生にお渡ししてきました。

石川県立小松工業高校の建築部、美術部、インターアクト部 コラボ作品  パズル

東京都新島村のみなさん からの 雑巾


そして 大丸藤井さん からの 文房具

先生 ニコニコでした。

ありがとうございました

道路はすこしづつ 復旧してきていますが まだ 大雨のときは不安があります
  1. 2013/09/01(日) 18:53:46|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルと雑巾をお届けしました・・・石巻市立相川保育所へ

石巻市立相川保育所

だいぶ ごぶさたしていました
この日は 朝 7時30分に仙台をでました
仙台は深夜からの大雨もあがり 曇り空。
行けると判断し 石巻へ向かう・・・

なんと 矢本あたりから 大雨・・・雷・・・
道路標示をみると 赤い文字で 大雨洪水警報

おお~い 大丈夫かぁ~ と思いつつももし北上川沿い 難しい状況なら 行けませんと連絡をしようと思っていました

北上川の河口に近い 相川地区。
護岸工事が急ピッチで行われているのがわかる
対岸も 電柱が立ち始めた
このまえ ほんの1週間くらい前に ようやく 電気がついたというところ

震災から 2年半・・・
まだ 電気がきてないところあったの?って思うでしょう?
きてなかったのです。
ようやく 復旧。

130827_105805.jpg

おおきな船が頑張っています
頼みますよ~ ひとつ・・・

130827_105757.jpg

にっこりサンパークがみえます
アーチ形の門

130827_105751.jpg

あの山には 仮設住宅がたくさんあります
野球場もつぶしました
あの道路にも波が押し寄せたなんて 今みても 信じがたいです

相川保育所へいきましたら 3月まで お隣の 吉浜保育所で副所長先生をしていた先生が所長先生になっていました。
笑顔がいっぱいの先生・・・

すこし顔ぶれがかわった 保育所のちびっこたち・・

入口にある 畑では 凛々子ちゃんの赤い実がなっています
「順調に育って みんなで食べています」と所長先生もニコニコ

こどもたちの遊びが一段落したというので 手渡ししてきました



石川県立小松工業高校の建築部、美術部、インターアクト部 のみなさんから
            パズル

130827_103642.jpg

少しお話をしました・・
いいにおいがするな~ とか・・・子供たちの反応もいいです


そして 東京都新島村のみなさん 雑巾

130827_103738.jpg

新島村の方々が 心を痛めてくださり こうして 丁寧な雑巾を送ってくれるのですよ
ということと
身の回りをきれいにすることを お約束しました


おっと・・・

130827_103333.jpg

石巻工業高校の建築部 作成の おしゃれなリサイクルの本棚

130827_103320.jpg

きちんと本が並んでいて 活躍しています
この本棚 学校で使う机(あの合板のかた~いやつね)をリサイクルして 作ってくれたんですよね
塗装までしてくれて・・・
こうして 使ってくれているというのは 本当に作ってくれた高校生にとっても励みになります

たべてしまうものではないからゆえに こうしてあとから 確認できることが とても嬉しいです。


  1. 2013/09/01(日) 15:14:26|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0