『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パズルをお届けしました・・・桃生新田保育所のお昼寝終わりのおともだちへ。

桃生新田保育所のおともだちが お昼寝から起きたときに
ちょうどよく 渡せました

仲良く使ってね!

は~い!


というわけで 石川県立小松工業高校 建築部、美術部、インターアクト部のみなさん が作ってくれた 

50音パズル
131219_152630.jpg

しっかりと その小さな手に渡しました

おりこうさんになってくださいね

大震災から復興とともに 牽引するような素晴らしい人になってくれることを祈っています。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/11(土) 17:15:27|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アートリーディング その3 桃生新田保育所へ

石巻市立桃生新田保育所

こちらへは 飯野川保育所から 三陸道でさらに北上。
内陸部の比較的大きな保育所で 旧桃生町になり 町で唯一の保育所ということから
こどもたちがくる範囲も比較的 広いエリアからとなります

チーム桃生
と言えるほどの チームワークのある先生がた
木村所長先生を筆頭に もう 笑顔のある保育士さんがいっぱい・・・

131219_132550.jpg

スタートしたときにも 先生がたの目の前には 子供たちの「絵」が・・・

131219_132612.jpg

それぞれの「想い」が 真剣なまなざしとしてみえています

131219_133243.jpg

山本先生の講義がスタートしています
それぞれの先生がたは 向き合って 身体でさまざまなことを感じていきますよ。

131219_134523.jpg

「情報」っていうのは どんなこと????

ひとりの先生をピックアップして お話をしてもらいます。

131219_134506.jpg

保育士さんたちの横の連携がとてもいいのか・・・とても朗らかな時間がすぎます。

131219_134544.jpg

ときに 自分が満足しただけで 「伝えた」つもりになっていないか?

ときに 相手のことを自分の都合のいいように 「受け取った」つもりになっていないか?


131219_140206.jpg

相手のことを しっかりと「聴く」こと

131219_140212.jpg

それは どんなときであっても 大切なこと

そして・・・
いよいよ・・・・
様々な子供たちの「絵」

山本先生にみてもらいながら 先生たちも その子供たちの背景を浮かべてみます

131219_145959.jpg

この絵から どんなことが見えてくるのか・・・

131219_141126.jpg

あまりにも心配しすぎると大変です
でも 先生がたがどれくらい子供たちに 真剣に向き合ってるのかがわかりました

131219_144751.jpg

クラスを越えて ディスカッションしながら 日頃の接し方や 考え方 そして 手の差し伸べ方などを
学んでいきます

131219_150035.jpg

先生がたの熱い思いが伝わったと 山本さん。

もっともっと こういうチャンスを作ってほしいと 先生がたから声があがりました。

強行軍だった研修会ですが とてもいい時間を過ごせたと先生がたの顔が生き生きとしているのが
このイベントを組んでもっともよかったと思うことでした。
  1. 2014/01/11(土) 14:50:52|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

50音パズル 飯野川保育所へ・・・ 

続いて・・・

飯野川保育所の年長さんたちへ・・・・


石川県立小松工業高校の建築部、美術部、インターアクト部 のみなさんから

50音パズル を 差し上げました

131219_103835.jpg

樋口所長先生から 今日のお当番さんのふたりへ・・・

131219_103845.jpg

わぁ~ すごいな~ という顔で見ています

後にいるお友達たちも 気になります

ちょっと お話をしました

これをつくってくれた おにいさんやおねいさんのこと

遊び方も教えました

歓声があがりました~


131219_103856.jpg

「仲良く遊べますか?」

「はーい!!」


たくさんの手が挙がりました


そして みんなが大きな声で

「ありがとうございました~」いただきました

いっぱい遊んで 言葉を覚えて 仲良く使うことも身につけて
元気いっぱいの 1年生になるんだぞおぉ~
  1. 2014/01/09(木) 15:24:06|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アートリーディング その2・・・飯野川保育所

石巻市立飯野川保育所 ワークショップ

始まる前に 樋口所長先生たちとの打ち合わせ
「きぼうの花束」贈呈

131219_095809.jpg

この冊子は 2012年に宮城県内のすべての高校と支援学校へいただいたものです

131219_095731.jpg

そして このA4判の紙に描かれている絵に色をつけていくという作業が どうやら
この対象は 「先生たち」
様々なストレスのなかにいて 何か思い悩んだりしたとき これに色をおいていくのだそうです

131219_095720.jpg

先生がたも 初めてそういったものをいただくというご様子で 驚いていらっしゃいました。
でも とても喜んでいたのが印象に残りました

さて・・・・
絵を描いてみよう!!workshop

まずは 3歳児さんのお部屋へ・・・

131219_100349.jpg

いろんなカタチや 色があります。
ちなみに クレヨンは12色。

131219_100323.jpg

山本さんが 子供たちの絵を覗いています

131219_100712.jpg

夢中になって描いているそのことを ただ みつめる・・・

こどもは 描きたいものを描いている

131219_100449.jpg

そういう目線で 子供たちの絵を見ていきます

あらためて 子供は心にあるものを 無駄なく描いていくのだということを学びます。

さぁ・・・今度はホールでひときわ大きな紙を相手に描いているのは・・・5歳の年長さんチーム

131219_101141.jpg

山本さんの印象は このあと 語っていただきましたが・・・
「家」を描いているというのが 非常に印象に残ったとのことでした

131219_101217.jpg

このところ 時代の流れでしょうか・・・
「家」を描く子供というのをあまり見なくなったということもおっしゃってました

でも 地震と津波で 被災した経験を持つこどもたちは 「家」に対する想い が強くあるのだろうという見方ができるとのことでした

131219_101310.jpg

こどもたちの中に 山本さんが 溶けていきます・・・
こどもたちも 山本さんに たくさん 話をしていきます

131219_101244.jpg

男の子も女の子も・・・・
 
131219_101648.jpg

なるほどな・・・こういう風に 無題で絵を描いていくという経験
大人になるとどうも ないものだとも思うし 大人は邪念がはいり うまく描こうとかかっこよくとか
へただと思われたくないとか・・・

子供は 必要ないことはしないし 描かない
これもまた とても心に響くものでした

131219_101829.jpg

こどもたちなりのなにかの信号を送っているのかもしれません

131219_101837.jpg

さて 4歳のこどもたちのお部屋へも・・・・

131219_101922.jpg

むちゃくちゃに見える絵も 子供たちにとったら なんてことなく 自分がかんじたままに描いているのだし
それを受け止めていく大人のこころが健やかでないといけないなとも思います

131219_101940.jpg

大人のものさしで いい 悪い うまい ヘタ を決めてはいけないし

大人は見えているものとの対比の中で 対象物に近く 描けているものを うまい いい としているだけで

こどもは 決してそうではなくて あくまでも 自由に そして 見えているものだけをとらえるのではなく

ココロの目 で見ていること

そのひとつひとつに 意味があるのだなと思いました
  1. 2014/01/09(木) 15:09:00|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市川工業高校の校長先生のブログに「椅子」のことが掲載されています

石巻市立荻浜保育所へ 「椅子」 10脚 を製作してくれた 

千葉県立市川工業高校 建築科 木工班のみんな が どうやら 学内で発表会を行ったようです

そのことを 同校の校長先生が HP内で運用しているブログへ記事として掲載されていました。

校長先生のブログ 
  ↓
  

他にもいろんな活動をしているんだなって関心しきりです。

最近 工業や農業に携わる 若い人たちに 感動をおぼえます


すみません ほんと 記事が さっぱり アップできていないという ごめんなさい。

  1. 2014/01/09(木) 13:53:30|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アートリーディング その1 石巻保育所

12月18日 晴れ

仙台空港へ向かう空は この時期にしてはあたたかな色を放ち 大事なお客様を迎えてくれました

adomani を主宰されていらっしゃる 山本伸子さん

1年前のその笑顔のままの 山本さんがはるばる 兵庫県からいらしてくださいました

運転に気をつけながら 一路 石巻へ・・・
車中 さまざまな1年分の話を聞いていただきました
保育所3つに行く前に なんと 私がカウンセリングしてもらうようなそんな気分で
とてもこの時間が愛おしく感じました

到着・・・

石巻市立石巻保育所

日和山公園のすぐ近くにある 保育所で住宅地の中にあり 遠く海を望む園舎。

岩渕所長先生とご挨拶のあと お昼寝している子供たちの部屋の脇を静かに通り・・・お部屋へはいると・・・

131218_125636.jpg

たくさんのこどもたちの「絵」が飾られています

131218_125648.jpg

山本さんは そのたくさんの絵を見てくださいました。
どれもこれも 素敵に描けていると おっしゃっていました。

さぁ いよいよ始まります。
岩渕先生が お話をして 山本さんをご紹介してくれます。
お昼寝しているので 全員の先生に聞いてもらうことはできませんでしたが 
担任の先生と井内保育所から1名の先生を加えて 合計 7名の先生でアットホームにスタートです。

131218_130731.jpg

山本さん とっても素敵なんです 1年前にお目にかかったときから 大ファンです(私)
先生がたへ私もお話しました 先生がたの心のひっかかりが 1つでも軽くなるといいなと想い企画したことを
お伝えしました。 

131218_130738.jpg

山本さんからも ご挨拶をいただき スタートしました

まずは 名札
あらためて 名前というのは とても大切なものだということを認識しました

131218_135424.jpg

保育所で起きている 様々なことについて ひとつひとつの事例を解決するヒントになるようなことを
体験しながら 先生たちとひも解いていく時間・・・

131218_142424.jpg

先生がた・・本当に頭が下がるくらいの保育に対する情熱・・・

131218_135445.jpg

保護者のひとたちなどの子供たちを取り巻く環境について 学び 上手につきあっていくことや
その子供たちの将来にわたって どんな環境を大人たちが作っていくことができるか・・・

131218_135835.jpg

情報

って どういうこと?

131218_140228.jpg

相手の情報を 捉えるって どんなことだっけ?
はなしぶり、表情、耳から聞こえてきたこと、目から入ってきたこと、文字で伝えたと思っていること・・・
自分の思っているのと ズレはないか?
そのズレで お互いにイライラしてしまっていないか?

相手を尊重していく心の在り方は・・・

そして 心配な「絵」について・・・

131218_140337.jpg

こどもたちは 描きたいものを描いている
こころのままに・・・色も選んでいる
こどもは 必要のないものは描かない


とくに自由テーマの絵は そういうことが浮き彫りになるそうです

(いや~ 自分の子供の絵はどうだったんだろうと このあたりで不安な私(笑))

131218_144945.jpg

最後に先生がたの表情が 「笑顔」 になり それだけでも 山本さんの来訪は

今・・・

石巻に・・・

教育の現場に・・・


必要なことだったのだと 確信した瞬間でした

先生がたは 1年後の自分にカードを作成してくれました
ニコニコしながら・・・

131218_150237.jpg

どんな1年が待っているんだろう。

石巻保育所の先生がた・・・
どうか どうか 先生がたの保育の情熱が 子供たちとそれをとりまくおとなたちへ 上手に伝わりますように・・・
そして その笑顔がいつまでも続きますよう・・・

そんな話をしながら 山本さんと仙台へ戻りました

もどり道は 門脇保育所(津波10m超)の子供たちが 雪の降る中 いつもと違う道を歩き
日和山を登り 避難したその道を 車でご覧いただきました。
雪の降りつける中に クラスの色のついた帽子を被り 先生がたに手をひかれながら歩く 小さなこどもたちの列・・・
想像してみてください。

たくさんの車が 立ち往生している その脇を 小さな子供たちは一生けん命に先生の後を追いかけたんです

誰もが あの子たちは 津波で死んだんだ  

そう思ったことでしょう。

でも 先生がたは 守り切ったんですね。

そんな先生がたのことを きっと ちびっこたちも大きくなって知るでしょう。

だからこそ・・・

先生がたに 少しでもその大切な命を守ってくれたからこそ
先生におかえしできた 素敵な時間になってくれたことを嬉しく思いました


  1. 2014/01/09(木) 13:52:47|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/18-19のアートリーディング 新聞掲載!

石巻かほくさんに

12/18-19に実施した

アートリーディングとコミュニケーション の山本伸子さんの講演とワークショップ について 

地元新聞社の 石巻かほくさん 12/27に掲載されました

石巻かほく 記事

まだ ブログにそのことをアップしていませんが・・・(すみません)

こちらをごらんください。

のちほど ブログにてアップします。

  1. 2014/01/07(火) 18:04:02|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして・・・南三陸町 伊里前保育所へ 

南三陸町 伊里前保育所

ハスキーボイスの工藤所長先生に迎えられ お昼寝タイムにお邪魔しました。

131212_132134.jpg

すぐ近くにある JR歌津駅のあと・・・
いつみても 何度みても 高いところにあるな~
でも ここに津波きたんだから 今 しみじみ見ても 恐ろしい・・・

131212_132320.jpg

お昼寝中なので 副所長先生とおふたりに 代表でお渡ししてきました。

まずは 宮城県工業高校 工芸部 からの ジェンガ

131212_131852.jpg

以前 紙芝居棚を作ってくれた 宮城県工業高校のお姉さんたちからですよ
というと・・・さらに 先生がたが感激してくれました。

忘れずにいてくれたことが嬉しい とおっしゃっていました。

ほんとによくできてると 驚いていました


そして こちらは 

アトリエ・オハリコ 支援チーム からの ボウリング

131212_131734.jpg

ちびっこマンたちがいるので ちょうどだわ~と 喜んでくれました。
また パペットについても 大人でも子供でもいい大きさになっていて しかも裏地つきには感激してくれました。


帰り道・・・

少しずつ 片付いていく様子が伺えるさら地の駅前 BRTバスの停留所ができたからかもしれないけれど
住民に動きが出てきたという感じを受けながら 車を走らせてきました

ときおり 白鳥たちが田圃いっぱいに捕食をしていたり
空を見れば 声をあげながら 飛んでいく姿を確認できたり・・・

冬が本格的になってきたんだなと感じます
  1. 2014/01/07(火) 16:08:39|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南三陸 名足保育園へ・・・パズルとジェンガを届けました

マリンパルさんをでてから また 志津川を横断していく
ちょっとだけ みきちゃんに手を合わせた

131212_133856.jpg

風雨による劣化が顕著にみられるようになった 庁舎の真下には もういけなくなっています

すこし離れた所に 献花台がありました

131212_133902.jpg

防災庁舎

131212_133926.jpg

そして 名足保育園へと 走ります

国道45号線は 歌津前で断線状態・・・
廻り道もなれてきた

ほどなくして もう少しで気仙沼だわというところから 右に折れ 海のほうへむかうと
小高い丘のうえに 保育園がみえます

南三陸町 名足保育園

久しぶりの三浦先生・・・いつもの笑顔でお迎えしてくださいました

ちびっこたちから 大歓迎を受けて・・・
ニコニコの時間がたっぷりになりました

131212_122216.jpg

震災後の子供たちの様子をくまなくご覧になってきた 三浦先生も 今年でご退職。

こちらでは
新島雑巾プロジェクトのみなさん からの 雑巾
それと

大丸藤井さん からの 文房具

そして 石川県立小松工業高校 建築部、美術部、インターアクト部 からの 50音パズル

さらに 宮城県工業高校 工芸部 からの ジェンガ

大好評!!!

お届けして よかった~





  1. 2014/01/05(日) 18:52:02|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテル観洋 マリンパル保育園へ 防災頭巾をお届けしました

2014年になってしまいました・・・

あっという間です。
というか・・・ いったい12月はどうしていたんだ!とお叱りの声が聞こえそうですが。。

12月12日には 南三陸へいってきましたが その後 体調不良にて記事のアップがいまだにまにあっておりません。

ということで 南三陸町は ホテル観洋さんで運営されている マリンパル保育園へいってきました
震災後 はじめての訪問です。

131212_111510.jpg

高台にある戸倉方面に抜ける道からは 紺碧の海が光りをうけ 輝いていました
養殖の棚が美しく浮かんでいます

志津川のほうから抜けていくと 大きな水門がみえてきます
崩壊した・・そのままの姿で通過する車を停め 写真を撮る方たちが絶えません

131212_111932.jpg

ここからぐんと坂道を上がったところに ホテル観洋 さんがあります
どのお部屋からも海が見えるだろうというような素敵なところですが なんと2階の温泉までは津波がきたそうです

131212_111637.jpg

南三陸ホテル観洋 

そんなマリンパル保育園さんには 10名くらいのちびっこたちがいました
先生のお話をちゃんと聞いています

131212_110431.jpg

織田ファッション専門学校 の お兄さんお姉さんが作ってくれた
 防災頭巾 お届けしました

131212_110437.jpg

上手に被ってくれましたよ

131212_110048.jpg

131212_110605.jpg

また 石川県立小松工業高校の建築部、美術部、インターアクト部のみなさん の パズル もプレゼント!

小さい子供たちが多いので とってもよかった。

131212_110658.jpg

  1. 2014/01/05(日) 16:10:04|
  2. 防災頭巾PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。