『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

石巻市立石巻保育所へ・・・大工さんPJ 椅子

今週になって 晴れて蒸し暑い日が続いています。
今日は 30度まであがりました。

朝から今日は アトリエDEFさんの支援物資 「一人用椅子」私は 「チビ椅子」と言っています。
その「チビ椅子」を 車に積んで 初めての「石巻保育所」へ・・・

若生所長先生 とても謙虚なかたで 電話でお話したときもどんな素敵な先生だろうと向かいました。

今日はいつもと違って 石巻港ICで降りて 国道45号線を横断し どんどん進むと 右手に工場群が現れます。左手は 門脇地区。
だいぶ がれきが片付いていましたが 崩壊したうちはまだ 無残な姿をさらしています。
110913_121452.jpg


石巻で一番っていっていいくらいの「日本製紙」の工場が見えてくると もうまもなく 日和山へ・・・
石巻では 高台の「石巻保育所」は 定員80名。
そこへ 現在は 113名の子供たちを受け入れ それに伴い 保育士さんも増えています。
保育士さん 31名。

どうしてこんなにいるのかというと・・・
石巻市街地で津波による完全な流失をした保育所は 3つ。
「湊保育所」「渡波保育所」「はまなす保育所」この保育所にいた子供たちをいくつかの保育所と
現在 児童館がこの子供たちを受け入れて なんとか保育をしているということです。

今日 持参した支援物資は こちら

・チビ椅子  16個 (アトリエDEFさん)
・布ボール 大・小  (かざぐるまのみなさん) 
・セパタクロー 5個 (かざぐるまのみなさん) 

いずれも 0歳児~2歳児のお部屋に置かせてもらうことになりました。

2歳児の「ひよこ」組さんで さっそく どんな感じなのか 持っていくと・・・
110913_115834.jpg

とってもぴったり。
先生方からも 好評。
しっかりしていること 杉の匂いがいいことなど とても喜ばれました。
110913_120245.jpg

ひよこ組さんのお友達は ちょうどお昼寝の時間に突入するところでした

そのあと 0歳児のお部屋へ。

もうとにかく かわいい。
ハイハイしてる子。よろよろと歩く子。手を振ると手を振ってくれる。
先生たちは 毎日 戦争。


所長先生 やはり 素敵なかたでした。
先生たちも座ることなく とにかく動いている。

子どもたちの家庭環境は 60%~70%の子供たちの自宅は 流失または半壊などの状態になっていることや
子どもたちが うまく心のあり様を言葉にできない分 たくさん コミュニケーションをとり 今まで以上に会話をして ひとつでも多く 笑ったり お友達と遊んだり・・そんな普通の保育が できるように取り組んできていると伺いました。

この震災で 小さいなりに「命の尊さ」を先生たちが 伝えています

ずっと覚えていないかもしれないけれど 「命」の大切さを伝えていくことは大事だなと思いました。

なんて 書いている今 また 地震です

「保育士ができることは 限られているけれど みな できることを精一杯しているし 子供を取り囲む家族の心のケアも含めて できるだけ 上を向いて0からだけど 歩きだせるように働きかけているんですよ」と
所長先生。

どこの保育所でも 先生たちがお疲れなハズなのに 笑顔を欠かさないこと。

少し前は 抱っこ、おんぶといった光景がよく見られたのに 今は その意味では 落ち着いてきたのかなと感じました。


先生方の努力の賜物。

チビ椅子もおもちゃも 子供たちに使われることで 新しい命を吹き込んでもらえるような
そんな気がしました。



 
  
スポンサーサイト
  1. 2011/09/13(火) 23:25:06|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<よろこびっくり・・・ | ホーム | 水明保育所 運動会に向けて・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/101-994bdf8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)