『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

南三陸町 伊里前保育所へ

すっかり 冬の寒さになってきました。
車のタイヤ交換 終わりましたか?
私・・・まだなので ぼちぼち 雪のマークがみえているので やろうかな~
昔は 自分で2台 タイヤ交換したんですけど 最近はしません。
それでも タイヤ交換ができたことで パンクのときは対応できるので(実際にしました)
勉強になります 一度 おためしあれ。

さて・・・・
先日 11月17日 木曜日は 
長野から 「bio marche」の取材もあって 高橋記者(笑)私の支援に同行。

まずは お話だけはさせていただいていた 「伊里前保育所」へ。
仙台から2時間半くらいはかかるので 8時にでたけれど 10時半くらいになってしまいました。


とてもいい感じの小竹所長先と副所長先生。
先日 一緒に届けてさしあげられなかった カルビーさんからの支援物資。
「おこめぼれ」(東北限定のお米のお菓子で そうだな~ ポテトチップスのお米バージョンでうまし!!)
差し上げました。えぇ もちろん 子どもたちに食べてもらうんです。
でも 先生たち すごくいい笑顔で写真に・・・ パチリ

111117_102328.jpg
 

すでに荷物は送っていたものの やはり 私のプロジェクトは 顔が見えることが大事。
一度は伺って その保育所の環境などを見ておきたいと思ったのです。

111117_103606.jpg

上の写真は 保育所を一番 近い通りから見たときの感じ。

当日は 津波の直撃で波を受けたということは免れたようでした。
ちょうど 50mくらいのところに JR歌津駅が高架橋の上にあります

111117_103620.jpg

線路です。その左の山の脇に「歌津駅」
もうすこし 寄りますよ。

111117_103715.jpg

おそらく あの崩壊具合からみると その線路やらでうまくせき止められたと思われます。
それでも津波は受けているわけですから 水がどんどん じわじわと上がってきて 1mは入ったそう・・・
園舎は比較的 新しいもので 直撃を受けなかったから一応は 窓ガラスなどは 割れなかったということでした。
玄関に アンパンマン。

111117_102603.jpg

倒れなかった。強い。

いまは 通常の保育ができるように日々 先生たちががんばってくれています。
保育士の先生の中には ご主人を亡くされた方もいらっしゃると聞いて その中で 子どもたちのためにと
あの日から たゆまぬ努力を重ねてきているのだと 本当に頭が下がる想いでいっぱいになりました。

お忙しいのに 笑顔で見送ってくださって 先生・・
お約束のバッグとリュック なんとか 形になって 今度 また お届けできるように・・・・

さぁ それから 今度は 「志津川保育所」へ・・・ 





スポンサーサイト
  1. 2011/11/19(土) 17:09:23|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南三陸町 「志津川保育所」へ・・・ | ホーム | 速報!「積木プロジェクト」最優秀賞 受賞!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/147-6c61beb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)