『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Santa Barbaraから・・・・戸倉小学校へ。

以前からちょいちょい出てきていた 「イルカ」のこと 
覚えていますか?

イルカ。。。。
アメリカはカリフォルニア州 サンタバーバラの子供たち(6年生)が作った イルカたちの置物が
ようやく 日本のこの震災を受けた沿岸部の子供たちの手に渡ります。

受け取ってくださる小学校は 南三陸町 戸倉小学校の6年生21名。
息子が小学校に通っていた時の5年生のときの担任をしていた 潤一先生が南三陸町へ仕事で赴任していて。。。
そこで 戸倉小学校のほうへ お話をしてくれました。
潤一先生ありがとう。

まもなくサンタバーバラの小学生からメッセージが到着するでしょう。
楽しみです。
このことがきっかけで 英語に興味を示してくれるかもしれないですしね。
子どもは ほんの少しのきっかけで どんどん 大きくなれます。
夢を膨らませてほしい。

英語はできないかもしれないけど 外国の同じ年の子供だもの 
なんだか 嬉しいじゃないですか・・・

震災で子どもたちは プチっとグローバルな活動をしていきます。

戸倉小学校は 現在 登米のほうで(内陸)合計80名くらいの規模で元気に活動しています。
もとは 海にとても近い学校でしたので すっかり 流されてしまいました。

Jesse先生は このイルカがこちらの子供たちの手に渡ることを喜んでくれています。
戸倉小学校の子どもたち。。。ちょっと international!!!


I will bring these dolphins to the 6th-graders of Togura elementary school
in the city like Santa Barbara.
They had that terrible experience on 3.11,2011.
I am sure the dolphins will relieve them.

こんな支援はたくさんうけているだろうけれど。
でも それでも 素敵なことがまだあるかもしれない。

このことが 被災した子供たちのなにかのきっかけになり 自信につながってくれたら。。。。

小さなイルカたちが 小さな学校の希望になれるといいな。

They will be happy to see them,I believe.

このイルカを連れてきてくれた くーちゃんと荒さん・・・
なんとか イルカ 住みかを見つけられそうです。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/13(金) 23:35:11|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【雑巾PJ】雑巾縫ってくださる方・・・おひさまやさん | ホーム | 【大募集】雑巾を縫ってくれるひと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/167-8b8c71cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。