『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

トマトを育てる・・・食を育てる

3月に入りました。
今日は 宮城県内 高校は卒業式です。
また この頃 頻繁に地震がきていますね

落ち着かない感じもありますが どうか 今日一日 無事に卒業式が行えますよう。。

さて・・・
活動は 滞っているのではなく そうですね~潜伏期間?とでもいいましょうか・・
いろいろと動いているのですが まだ 発表するに至りません。

その中で・・・すでに動いている中でもう発表していいかなと思うのが。。。こちら。

あのトマトのカゴメさんから こんなうれしいお話。
トマトを育てて 食育教育をしよう


教育現場にカゴメのジュース用トマト「凛々子」の苗を提供し、
子どもたちが、その栽培を通して、さまざまな人とふれあいながら
「命への関心」
「感謝する心」

を育む食育を体験出来たらと思います。

また、8月時期には、収穫祭を行い、
料理教室・食育体験をカゴメさんと一緒に計画してみようかと思っています。


震災から1年がきます。

子どもたちなりに頑張ってきた1年でした
命を失うことを思い知らされたこの年の先には・・・

命を与えること

命をはぐくむこと

そして・・・
それを植物を「育てる」ことで 感じ、その実を「食べる」(いただく)ことで
「ありがとう」の気持ちを芽生えさせることができたらと思います。

震災直後の混乱期に 無機質なまでの「腹を満たす」だけの食事がありました

でも 本来の食事というのはそういうものではなくて
野菜にも肉にも魚にも・・・感謝の気持ちをこめて 「いただきます」
この「いただきます」は それらの食物に対して ”お命 頂戴いたします”ということだと
小さい時に祖母に言われたことを思い出します。
だから 残してはいけないと。。。。

このところ 食事に関して軽視している傾向があります。
子どもたちのイライラは どこから来るのでしょう?

子どもたちが トマトを育てることで キラキラした瞳で 
その収穫までの時間
そして 収穫の時の喜びを感じ その体験がその先の「食」を変えていってくれる
そんな きっかけになるといいなと思います

このことを通して 大人たちも 「食」は環境の一部であり
人を創るものであることを感じてもらい もっと真剣に 日々の食事を考えていけたらと思います。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/01(木) 09:48:04|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オハリコさんからの支援 | ホーム | 雑巾PJ『雑巾になりたいタオルくん』with おひさまやさん 〜その後… >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/177-a87d46b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)