『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スタイについて

おととい ひょんなことから 左足の指にヒビを入れてしまった情けない私です

いや~ ダメですね ほんと。
今 指が紫色。
ま・・・神様に 静かに過ごすように魔法をかけられたと思うようにしているという(笑)
どこまでも 前向き発言の私です。

さて 「スタイ」

「オハリコ」さんと「柴洋」さんの技術コラボは できそうな段階まできています
型紙作り そして 適切な生地の選定などしてくれています

有料化について・・・

当初は 「オハリコ」さんのご寄付というかたちでお話を進めていましたが
希望するところが多く もう一度 精査する必要性はあると思いました

スタイは 購入すると1200円くらいはゆうにします

本当に欲しいひとが 市価より廉価であれば それはそれで 十分な支援となるわけですから
送料などを考えたうえで 価格を設定し 作成してくださる方たちに材料費だけでも
バックできるようなカタチにできるといいなと思います

保育所から上がってきた 希望については 再度 精査したうえで 希望者に
有料で提供していく方向で行こうと思います

やみくもに「あげる」というのは このプロジェクトを立ち上げたときから できないことで
どの物資にも心が込められていることや 沢山 提供できないことをそのつど 伝えてきました

自分たちの子供のことですから 
自分たちの手で準備するのが本来望ましいことですし
それを 廉価で提供することも 支援ということになると思っています

実際には 保育所を利用している保護者のかたたちのなかで 一部の保護者のかたには
支援をしていいのかと疑問に思う行動をしていらっしゃる方もおいでです。
つまりは 生活再建に向かっているとは思えないということです

そうはいっても大多数の保護者のかたは 一生懸命に生活を立て直そうとしています
そんな方には やはり 支援が少しでもいきとどくようにしていけたらと思います

子育て支援センターの役割も 非常に重要になってきており 
今後は 子育て支援センターの先生たちも お話を聞いていけるように
時間を作っていきたいと思います。

スポンサーサイト
  1. 2012/05/17(木) 09:38:55|
  2. スタイPJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高校の後輩と30年ぶりに再会・・・そして被災地 荒浜へ | ホーム | Date-FM "Cafe de Monk >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/214-f8e23aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。