『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

考えさせられた・・・

被災地に支援にいって 早くも1年以上が過ぎました
昨日は いつもお世話になっているご夫婦にこの活動をねぎらってもらったんです
ようやくとれたという休暇を ご主人は喜んでいらして(震災から休みほとんどなし)

日帰り温泉に行かせてもらえて。

久しぶりの温泉だったので のんびりしなさいというありがたいお話。

その温泉で。。。

たまたま ご一緒になったご婦人。。。
「こんにちは」と ご挨拶して入浴したところ

突然・・・
「どこからきたの?」と ぶっきらぼうに。。
立て続けに
「地元?」

「あ・・・地元ではないですけど。。。。」と答えると
「どこ?」
と聞かれ。。。
「仙台からです」
といったら
「じゃ 地元じゃない 私は石巻からきたんだけど」

そこまで言われたら 私も

「石巻 大変でしたものね おうちのほう被害いかがでしたか?」
と 言ったら

「生きてるから!」と言って にらまれました

確かに いいからだして 体格もいい方だけど そういう言い方するかな。。。って びっくり

続けざまに 「うちはぜ~んぶ 流されたけどね」って。




「なかなか 政治も動かないので 大変ですよね」

と 自分なりにうまく 切り抜けたつもりだったのですが。。。

「政治じゃないのよ お金が動かないのよ!お金がなくちゃ なんにもできないわよ」と・・・

「ボランティアなんか お金持ちがやってるんでしょ?お金なくちゃできないもんね~」と。。



もう それは お風呂で 言われまくりです。



なんにも話してないのに。。。



「高校生は 役に立たないし・・・」

そう言われたときは さすがに え?と思いましたが 相手を受け止めるだけでした



のぼせそうでしたが。。。



彼女は 彼女なりに精一杯の生き方をしているのだと そう思うと腹も立たないのですが・・・

でも 誰かをうらやんだり それこそ 天を恨んでも 仕方のないこと。

それでも 見も知らぬだれかに その 苦しい思いをぶつけたかったのだなと受け止めることにしました。

誰かに聞いてほしかった 

ぶつけたかった

きっと それだけだったのかもしれない。


受け止めるということ 

今更ながら 肝にめいじています









スポンサーサイト
  1. 2012/06/08(金) 12:54:34|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雑巾 くださぁーい | ホーム | 雑巾を久しぶりに頂きました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/224-f1a99a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。