FC2ブログ

『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

宮城県石巻工業高校 建築部へ・・・進捗

すっかり 梅雨らしい気候になり それでも 断続的に降る雨は 今までにない被害をもたらせるようで
県内、東北各地でも警戒が続いています

別件ですが 九州の豪雨に関しても もう なんていうか・・・
他人ごとではなくて・・・


さて・・・

一週間ちかく経過してしまいましたが 高校生たちに会ってきました

宮城県石巻工業高校

いつもいうように 工業高校は大きな学校。
工場のような感じ・・・
職員室には 岩本先生がいらっしゃいました

ほどなくして・・・ 
新しいお部屋へ案内され 房前先生と一緒に。。。。

コンクリートでできたおしゃれな校舎。

座ってなにしてるのかと見てみたら・・・

120710_171839.jpg


震災で海水に浸かり 錆びたノミなどを丁寧にメンテナンスして 使えるようにしていました

部長のただのくん

将来は 進学して建築を極めるそうです

高校生なのに みんな大学生みたいな感じで しっかりしてる


そして・・・

建築科の生徒じゃなくても この出来具合に驚きます
化学科の生徒の作る 道具箱・・・
すごいな~

120710_171827.jpg


前回 訪問した時に打ち合わせしてきましたが 石巻市立相川保育所の支援にかかわることの
進捗状況を見に行ったので そのことを説明してもらいました


紹介された生徒さんは おやまくん(2年

おやまくんの説明は 非常にわかりやすく とにかく 生徒がしっかりしているという印象。
おやまくんのうちは なんと相川

相川保育所の下にある集落から来ている生徒さんで これもまた ご縁。

彼は ノートを片手に 完成予想図も見せてくれました

この 教室で使っているような机の天板を使います
ほら?見たことないですか?
この板。。。

120710_164216.jpg

この時点で おお~こんな硬い合板 上手く加工できるの?と 質問。

表面加工がされているので 確かに加工は難儀だそうだ

自動かんな盤にかけると もうそれは すごい音で・・・と 笑いながら言っていたけど
確かに耳が ヤラレてしまう恐れがある。
耳を保護するものがほしいものだ。


ボルトの穴はあけられるのか?

以前 作成したというカート

120710_165713.jpg

すごくいい感じに出来上がってるけれど・・
でも やっぱり 穴をあけるのですら 相当 大変らしい

おやまくん ニガ笑い・・・(笑)


これを使って 相川保育所の本棚が4つ できる予定。


っていうか・・・
これ1枚が すごい重いけど どうするの?

なので・・・中の棚は 全部を板にしないで中を少し抜く感じです

と・・・

でも 重いね~ ふたたび 爆笑。

どうやって運ぼうかとか・・・
今 検討中。


さぁ ここからどうする??
高校生~

そして 赤い塗料で なにやら作業している女子生徒発見。

120710_171549.jpg

ドールハウスをダンボールで作成しているとのこと
細かな作業をするドールハウスは 女の子には向いているかもしれませんね


という 進捗状況でしたが はたして どんな棚ができあがるのか?楽しみですね

被災地真っただ中の高校生が 自分たちが立ち上がらなくちゃと 手を挙げた
今回の支援について 
応援 よろしくお願いしますね







 

スポンサーサイト



  1. 2012/07/15(日) 09:43:10|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタイ到着に関しての記事・・掲載遅れました・・・ | ホーム | 石巻市立須江保育所~鹿又保育所~大谷地保育所~二俣保育所へ・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/252-c8259436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)