『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

こんなお手紙をいただきました・・・

120724_110917.jpg

石巻市立蛇田保育所の庄司所長先生から・・・・


こんなかわいい 凛々子ちゃんにっき

りりこちゃんにっき は 年長さんが りりこちゃんを育てる中でその成長をにっきにしてくれています

苗を植え 水をやり 大きくなっていくりりこちゃんを見ながら 
命を育み 生きているという実感を感じ取り りりこちゃんが成長していく中で 自分の命やりりこちゃんの
命、実りをその目で その手で 匂いで確かめながら 大切なものは何なのか きっと理屈じゃなく
子どもたちが鋭い感性でその小さな体のなかに とりこんでくれるのではないかと・・・


120724_111118.jpg

そんな想いから カゴメさんにお話をして実現したお話でした

「凛々子PJ」

おおむね その想いは 多賀城と石巻の各保育所の所長先生やたくさんの先生がたにしっかりと伝わり
こうして 今 凛々子というトマトが それぞれの保育所で大きくなり たくさんの子供たちの手によって
成長を続けています

凛々子姫・・・

どんな 真っ赤なお姫様ができるのでしょう・・・

120724_111158.jpg


そして・・・・「雑巾PJ」

120724_111032.jpg


雑巾を知らない あるいは 絞ることができないという学生が増えてきていたのを数年まえから驚かされていました。
雑巾は 文化といってもいいような長い歴史があります

この震災で どれほど この雑巾が重宝したでしょうか・・・

この雑巾を保育所へ・・・
そう考えたのは 震災から2か月くらいでした

保育所は震災と関係なく 雑巾をとても使うところです
その保育所で 小さい時から雑巾を使用することを 自然に教えていけたらどんなに素敵かと。。。

120724_111046.jpg

蛇田保育所では 雑巾をもって みんなで掃除をするということをしています
床をピカピカにするっていうことは 気持ちいいこと
新しいお友達が来るときに きれいにすることは あたりまえのこと
ほかの保育所でも そんなふうに使用してくれているところが多く・・・

当初の想いが しっかりと子供たちにも伝わっているのがわかります




それから・・・私の直接のプロジェクトではないのですが・・

「スマイルうさぎプロジェクト」のハミさんから(それ以外のこの製作に携わったかたたち・・・)

120724_111011.jpg


そのスマうさちゃんが こうして しっかりと子どもたちの手に抱かれていること
大切に大切に もう それぞれの保育所でたくさんのお友達をつくっていること

作ってくださったかたたちは 何かできないかと それぞれ遠く離れていながらにして
想いをひとつにし 作られたものだからこそ こうして 一人にひとつじゃなくても・・・
だからこそ 大切にしてもらうこともあると・・・

庄司所長先生 素敵なお手紙ありがとうございます




支援は・・・

送る側の想い・・・

送られた側の想い・・・

それが 「笑顔」だったり 「ありがとう」だったりすることで 
してよかった・・・
してもらえてよかった・・・
そんな感情に繋がります


最終的な着地点の見える支援活動は とても大変ですし ましてや お金も時間もない中での支援活動。
でも その 着地点を見えるようにすることが 私の支援活動の基盤となっています



この震災で 自分はなにをしたのか・・・
なにをしたかったのか・・・
そして どこに どんなふうにその気持ちを持って行けたのか・・・

関わったことを 印象づけていくことも この震災をいい意味で忘れないものとして
それぞれの心の中で 生きていくことになるのではないかと思うんですね


作った人たちの熱意、想い、優しさなど できるだけちゃんと伝えていきたいのです

ときにあなたは なにがしたいのかと問われることもあります
人に何かを提供するだけでは ダメだろうと苦言もいただきます
被災のひどさは 目で見えないところにあると思うのですが どうしても目で見えるところだけに支援の希望が
集中することもあります

支援は 遊びではないので 真摯な気持ちで取り組んでいます

たくさんのものを湯水のように与えることはできないけれど
でも それだけが 支援ではないと 思いますし これからもそこをしっかりと子供たちに伝えていきたいと思っています


こうして 電話や手紙、ファックスなどで 
ありがとうを伝えてきてくださる保育所の先生方・・・
支援の物資が到着して 嬉しくて 写真を送ってくださる先生がた・・・

この支援は 未来のある子供たちにしているのです
成長していく中で この子供たちが 明日の日本をチカラをもっていると信じます

信じ続けていくのです

だからこそ 大人たちが しっかりと生きていかなくてはいけないのだと思います

今こそ こんな大人になりたいと思うような そんな大人になるときではないかと
そんなふうにも思います
 

スポンサーサイト
  1. 2012/07/28(土) 21:30:03|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東日本教育建築研究会@松島 | ホーム | スタイ作製! 織田ファッション専門学校の学生さんたちが・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/258-2f91e0c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)