『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あさひ幼稚園 見学へ・・・・

さて・・・

南三陸町へやってきたのは 宮城県工業高校の女子11名だけではありません。

そう 宮城県工業高校の女の子の中に千葉さんという スゴ腕の女の子がいて 彼女は将来 建築関係の仕事
大工さんになるくらいの気持ちで さまざまなコンテストなどにも応募していて 
工芸部ではないので 積極的に活動をしています

そんな彼女にも見てほしかった建物。

そして さっきの記事でなぜだか 男子がふたりいたでしょう?
そう 私の高校生PJの中で活動を当初から一緒にしてもらっている 
仙台工業高校の建築倶楽部の佐藤くんと森くんも一緒に連れてきました


そんな彼らに見てもらいたかった建物で彼ら自身も 見たかった建物。

120821_120549.jpg


それが・・・南三陸にある あさひ幼稚園

120821_120556.jpg


ほんとに 無理に無理をいって・・・・
このあさひ幼稚園を設計してくださった 手塚貴晴さんと由比さん(ってとてつもなく凄いご夫婦なんですけれど・・・)のところへ連絡をとり 園長先生に連絡をしてくださって 実現しました。

過去の作品で有名なものが数々ありますが 私が最初に出会った作品は 

東京にある ふじようちえん という幼稚園の園舎でした


この建物のコンセプトのひとつに
「仲間外れをつくらない」というのがあり それがとても印象に残っていました



その手塚さんたちが作る園舎が 宮城県にもあるなんて・・・・

先に登場した生徒たちのうち この1年半 支援にかかわってきた仙台工業のふたりは
3年生ですから すでに大学へ進学し 建築を深めることにしているので ひとつひとつが真剣。


あさひ幼稚園の園長先生は お仕事の合間にわざわざ 私たちのために 開けてくださいました
園長先生は お寺のご住職。

120821_120537.jpg


松林山 大雄寺(だいおうじ) 曹洞宗のお寺です

pho1_1157075701.jpg


お寺は 志津川高校近くにありますので 幼稚園とはまったく別のところになります
このお寺は非常に 歴史のあるお寺で その鐘楼、楼門、すばらしい杉の並木道が文化財指定だったと思います。

17世紀後半くらいからの歴史深い由緒あるお寺。

その杉並木は およそ80本。

樹齢は 200~500年  太さは 4m  高さは 20m



そんなお寺の参道にある杉並木が あの震災のときの津波で被害をうけました。
その杉で あさひ幼稚園は 建てられています。



昔の人が植えた杉は 沢山の歴史をみてきたはずです
その沢山の歴史をみてきた杉だからこそ 伝えるものがあるのかもしれないと思います



くさびで 繋がれている構造。

120821_115044.jpg

くさび・・・・もう 感激でした。
わたしは建築のなにもわからないけれど 木の持つものを美しさやしなやかさも含め
最大限のカタチにしているのだなと感じました。

美しいと 素直にそう思いました

そして ひとつひとつに工夫があり 筆舌に尽くしがたいんです

120821_120430.jpg

120821_114827.jpg


ひとつひとつに優しい施しのココロが感じられ 木の匂いで溢れていました

それは・・・

昨年から被災地の子供たちに届けてきた 「積木」を手渡したときにちびっこたちから漏れた
「あたらしい おうちの においがする」
という言葉に重なりました


小さな積木でさえ 目を閉じれば 家を連想するようなそんなチカラがありました


こんな素敵な園舎で 毎日 おもいきり走り回れたら・・・
たくさん 辛いこともあったけれど こうして 園児たちは 来週から晴れても、、、雨でも、、、
わくわくするような毎日が待っているんだなって・・・
なんだか 嬉しい気持ちになって 目を細めてしまいます


また この杉が 歴史の証人となり 園舎になり 園児を守ってくれるとともに
さらに この杉のことが語り継がれることにより 遠い未来で同じような災害に巻き込まれないようにするためのランドマークになるのではないかと思います。



お忙しい時に笑顔で対応してくださった 園長先生

本当にありがとうございました



帰り道・・・・

防災庁舎のところへ立ち寄り 手を合わせてきました

120821_122358.jpg


向こうにみえていたはずの 志津川病院は取り壊され 視界がさらに開けていました

120821_122842.jpg


どんな街をつくるのかな。。。
どんな街に住みたいのかな。。。

 

そして この見学へのお手配をしてくださいました 手塚建築研究所のスタッフのみなさま

本当にありがとうございました




若き被災地の高校生たちが ここで 何かを感じ 自らの中で燃やしていけるものがあったらと
未来に一筋の光が 走ったような気がしてなりません







スポンサーサイト
  1. 2012/08/22(水) 17:39:04|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高校生とのコラボで生まれる これからの チカラ | ホーム | 南三陸町伊里前保育所へ・・・紙芝居棚・・宮城県工業高校(追記あり)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/269-fc5fb935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。