『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高校生とのコラボで生まれる これからの チカラ

高校生プロジェクト という枠組みで 積木、画用紙棚、紙芝居棚、書棚、掲示板と工夫をしながら作ってもらってきた1年半。


かつてない 被災地の子供による被災地支援 ということが
ただ 被災地だから可哀相だという一般的な考え方を覆し
被災地だからできることのきっかけを作り 提案 そして
自らが行動を起こし 考えながら いろんな情報を取り込み
進んで行ける子供たちにしたいというコンセプト
から取り組んでいました


ものを作る技術を持つ子供たち(工業高校生)なりに 社会参加していけることで喜びを感じてくれたら…

感受性豊かな世代だからこそ 与えることや内容の大切さを感じます

少しでもそのアンテナにふれたことが 未来の自分の仕事観や人生観を作り上げる一部になればと考えています


そして
この震災の現実を伝える人として 減災、防災の要として 語り継ぐ実行する人になってもらいたいという気持ちで接しています


私のプロジェクトは 一時的なモノの豊かさを提議しているものではなく 将来に渡り 考えるチカラのある人を作りたい
また ほかの地域で災害に見舞われた際に 自分のなすべきことをきちんとできる人になってほしい


そんな 長い長い時間をかけて 育てていきたい支援活動です


今の高校生が あと10年したら?

今の幼稚園児が あと10年したら?


何を感じ 何を思い 生きていくのか…

考えるとどんなことになっているのか ワクワクもします
今の高校生は 親になっているかもしれないし 今の幼稚園児は 高校生になっているだろう。
そう思うと その時にどんなことを 大人として働きかけられたのか・・・
今の自分が なにをすることができるのか・・・


今・・・という時間を高校生として生きている君たちへ・・・

その時・・・君たちが何を考え 何をしてきたのか・・
足跡をのこそう

今  この年齢で考えてやれることの何かを・・
のこそう・・・

自分たちで考えて 行動したことは 決して 将来にわたって忘れることはない

そして その苦労も時間も 無駄にならない

先に少しだけ長く生きてきたものとして言えるのは・・・

いろんなことも含めて 無駄はないということ


小さなプロジェクトは そんな小さなきっかけを作ることで
今も 未来も 誰かの笑顔が誰かの笑顔を作るように…~Smile makes smile~








スポンサーサイト
  1. 2012/08/27(月) 07:22:27|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京都 ささき商会さまからの支援物資が・・・・ぞくぞく発送! | ホーム | あさひ幼稚園 見学へ・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/270-881d799f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。