『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東松島市大曲浜地区を視察・・・山形電波工業高校

すっかり ブログがタイムリーな掲載ではなくなっています
この活動が 片手間といわれると・・・それまでなのですが・・・
仕事を持ちながら 介護をしながら できる支援という角度からご覧いただけたらと思います

先週 10月12日 金曜日 快晴の東松島は やや強風

学校法人 山形電波学園 

山形電波工業高等学校 

やまがた創造工学科 住環境デザインコース  3年生  25名
先生 3名


朝早くに山形県天童市の学校を出発し 支援においでいただきました。


この日のスケジュールは 

・東松島の被災状況を 萬寶院 ご住職 石川 仁徳さんよりお話を聞き 大曲浜周辺の視察

・グリーンタウンやもと 仮設住宅(約300世帯)への支援物資 贈呈

・南三陸町 視察 および 防災庁舎 献花



10時すぎ 大曲浜 萬寶院へ到着

天台宗のお寺で 大曲浜のお寺。 ご住職の石川さんは もちろん被災。
お寺は流され 今はプレハブの本堂。

大曲浜は 海抜0m地帯
ここが 地震によって 80cmの地盤沈下。
およそ 560軒の世帯があり 1500名の住民が住む地域
だったとのこと

貞山堀(仙台ー石巻)という運河が流れているこの地域は その運河を利用し 古くから営みがあったところ。
被災後は 大型ダンプ 1台分の土砂が運び出されるほど 津波が町を壊滅的状況にしたのでした。

私が東松島へ足を踏み入れたときは 震災から2か月弱でしたが 大曲浜は一面 海の状態。
自衛隊の人たちが盛り土をして 唯一 通れる道がありましたが 貞山堀には 大型の漁船があり 海と同化した
大曲浜の街がそこに無残な姿をさらけだしていました
市役所のかたに 「この向こうにはいけません」といわれ 断念。
そんな 私にとっても衝撃的な場所だったのです

ご住職は ご自身のご家族もまだ 現在もみつからない状況にありながら 
被災した人たちのために いちはやく 支援活動をおこなっていました

私も グリーンタウンやもと仮設住宅でよくお顔をお見かけしていましたが 被災地のすぐの状況をあらためて
聴くチャンスとなりました

121012_103659.jpg


ご住職は 被災地を見て 見聞を広げ山形へ戻ってほしいということや 今だけの支援ではなく もっと大人になってもその心を持っていてもらいたいということなどもお話してくださいました


ご住職の広げた写真を見る生徒さんたち・・・

121012_103639.jpg

どの生徒さんもしっかりと挨拶をし お話を真剣に聴く姿は ご住職に褒められるほどでした

121012_110620.jpg

グリーンタウンやもと 仮設住宅の自治会長 内海さんのお話を聞く生徒さん

121012_111043.jpg

当日は お墓の石にしがみついて流されないようにしたひとが大勢いたと・・・
みな 亡くなってしまったという話も聞きました


そして いざ 大曲浜へ到着すると 道だった場所は 沈下していることや 海水が浸透をさまたげていることなどから 水の道となっています

121012_111707.jpg

バスからおりて 内海さんの話を聞きます

121012_111732.jpg

遠く風の来る方向をみると 海があることが感じられます

近くのうちはみな 崩壊。。。
カタチの残ったうちは たまたま 漁船やほかの大きなものがぶつからなかっただけで。。。
10m近くの波がおそった地域のむごい風景の中に なにを感じてくれたのでしょう

121012_111501.jpg


そして いよいよ 支援物資をお届けにいきます






スポンサーサイト
  1. 2012/10/18(木) 22:32:15|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「車止め」を支援しました・・・山形電波工業高校 | ホーム | 書棚と紙芝居の棚を支援!!・・・宮城県石巻工業高校 建築部>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/302-896bd14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。