『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

砂場の机、椅子の支援・・・・東京都立葛西工業高校 その2

23日 同日のお昼すぎ。

石巻市立蛇田保育所

大雨を避けて小降りになってからの移動。
やはり 一番は安全の確保。

途中 蛇田保育所へ電話連絡。

「遅くなるので 通常保育を妨げないで 普通どおり 保育のスケジュールを遂行してください」

そういたしましたら

「大丈夫です 待っています」

とのこと

やや焦りつつも 石巻の渡波地区あたりを通過・・・


昼食も摂らずに移動させてしまっていることにも 申し訳ない気持ちがありながらも
やはり 実際に使ってくれる 保育所のちびっこたちに手渡しできるということのほうが 
わざわざ 遠方から来てくれたのも考えると ごはんどころではなかったというのが本音


到着すると子どもたちが窓からこちらをみています

椅子・・6脚

◇椅子のスペック

座面高さ   : 22㎝2㎜
  幅     :27㎝
背もたれ高さ:35㎝
材種     :ラワン材

この材料は大工技能検定で練習をしたときの端材で 継ぎ目は“ほぞ差し”となっており、一般的な椅子と同じ作りとなっています


机・・・・2つ


◇机のスペック

高さ:40㎝
幅:70㎝
奥行き:38㎝
材種:米栂(ベイツガ)


この材料は1年生の木工実習で使われた端材です

そこそこの重さと堅さがあり、生徒が加工すると苦労します。
継ぎ目は“ほぞ差し”ですが、濡れて材料が痛んできても簡単に壊れないように
ネジを裏側に隠して打ち込んでいますので頑丈です。

園庭での使用ということで、底の脚は厚くして痛んでもすぐには壊れないようにと
テーブル面は砂や水を落としやすくするために1㎝ほどの隙間をつくりました。



子どもたちの笑顔があふれます

121023_131430.jpg

庄司所長先生の挨拶。。。

121023_131020.jpg

そして 須賀先生

121023_131356.jpg


越川くんは 苦労して作ったところや 小さな子供が使用するからと釘や作り方にも工夫をしたこと
そんなお話をしてくれました

121023_131316.jpg

子どもたちにひとしきり挨拶をしたあと 



もう お昼寝前でパジャマ姿のちびっこは 座ってみたいし 触りたい 匂いもどんなかな?
じゃ さわっちゃおう。。。。

121023_132029.jpg


僕も座りたい・・・半分 泣きべそかくちびっこまででるほどの大人気。

121023_132008.jpg


2階でお昼寝させていた 先生のところまで 木の匂いがしたそうです

121023_131824.jpg

なんと・・・

年長さんのちびっこたちから 越川くんにプレゼントが渡されました

121023_131529.jpg


みんなで記念撮影・・・パチリ。。。

121023_131703.jpg

みんなで 

「ありがとうございました」

121023_131456.jpg


そのあと いまの保育所の現状などをお話してもらい 越川くんもとても真剣に聴いてくれていました


その後・・・・東京に帰ってから・・・・

須賀先生からメールが届きました

以下 須賀先生からのメールです。

建築部の越川君ですが、作るだけではなく、作ったものを実際に使ってもらい
そしてそれを喜んでもらえるということを学んだそうです。

ものづくりは人が使って初めて完成したと言えると思います。
生徒が全員そう感じてもらえると嬉しいのですが、1人でも多く実感してもらえたら、職業高校の教員としてとても教え甲斐のあることだと思います。


「復興」この言葉も風化しつつある中
時が流れていると共に、子どもはどんどん成長していきます。
この子どもたちの笑顔の裏には、とても悲しい出来事があり それを我慢している子どもがたくさんいることも知りました。

物を与え、笑顔を引き出し、忘れさせるのではなく、この子どもたちが将来、支援してもらったことを基に
大きく成長し、立派な大人になってもらいたい
また、生徒が自分自身の役割で人々にどんな影響を与えられるのか?
それらを考え、今後自信に繋げてもらえることを願います。

私は技術を教えることも復興の一つと考え、
今後も出来る限りの支援を続けていきます。

生徒にとっても良い経験になりました
本当にありがとうございます。



この活動が 未来の街を作る若者に どんなことを伝えていけるのか・・・
その技術を教える先生の真摯な気持ちが伝わってきます


自分で考えるチカラ

行動するチカラ


それが・・・小さな積木でも 家であっても 街づくりであっても
そこにかかわる人たちが 幸せだと思えるようなモノ、コトを生産していく能力があるのだということを
いまの高校生たちが知ってくれたら。。。感じてくれたら。。。。

そう思ってこの活動の存在をとても大事に感じています


こうして 参加してくださる 高校生のみなさん その活動を応援してくださる先生がたに
あらためて 深く感謝いたします

ありがとうございます

スポンサーサイト
  1. 2012/10/25(木) 22:30:50|
  2. 高校生PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタイ・・・石巻市立蛇田保育所へ | ホーム | 先生たち、こどもたち元気かな・・・? 石巻市立荻浜保育所>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/312-fd3f1a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)