『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

積木とボール、スタイの追加分をお届け・・・石巻市立和渕保育所へ

さあ 今度は 

織田ファッション専門学校から到着した スタイも一緒にお届けです

織田ファッション専門学校ときもの専門学校の生徒さんたちが 忙しい勉強やファッションショーなどの合間に作ってくれたことをお話しましたら 素敵なスタイだから 大切に使用しますと先生

裏の素材もしっかりしていることから よだれの多い未満児さんには 裏の面も使用したいというご意見もいただきました。
使うのがもったいないと笑いながらおっしゃっていたのが印象的でした。

織田のみなさんも勉強をしながらの支援活動は 大変だったはずです。
そのことをしっかりと伝えてきました
そして みなさんから頂いた メッセージは しっかりとコピーをして 先生に渡しましたよ。

織田のみなさん 本当にありがとう!


和渕保育所


金子所長先生は ゆったりとした保育でのびのびと育てていくことをお話されていました。
障害児保育にも非常に精通していて お話を伺うと本当に何でも知っていらっしゃる

穏やかな表情でお話される先生のスタッフへの思いやりも感じられるお話など 貴重なお話が聞けました

私は シュタイナーの子育て理論は大好きで より人間は自然の一部だと感じますが
先生は 木のものを使用することも含め モンテッソリー教育についてのお話も聞くことができました

121218_121414.jpg

ちょうど 保育所のこどもたちはお昼寝の時間になり 手渡しはできなかったのですが
先生にお預けして 高校生のことなどきちんと伝えてほしいことをいつものようにお願いしてきました

建物が古く それでも津波の被害にはあっていないことから 後回しになっている耐震工事。
子どもたちは増加傾向で 津波で被災した家族が内陸にあるためか 保育所の近辺も建築ラッシュ。

狭いお部屋に沢山の子供たちを入れなければならない現実を どうにか その中でもよりいい方法を選択していこうというお考えを聞いてきました

今回 積木 そして ボール

121218_122159.jpg

高校生のしているこの木工での支援活動は こうして 多くの保育所から褒めていただけます
それは 木材が持つ しなやかなぬくもりが歓迎されているのだと思うのです
スポンサーサイト
  1. 2012/12/27(木) 23:34:51|
  2. スタイPJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年もいろいろあり がとうございました | ホーム | 積木とボールを届けました・・・石巻市立桃生新田保育所へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/341-cd39b99d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。