『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福島 を フクシマ にしないために・・・

雨が落ちていたけれど ゆっくりと車で仙台から南下・・・
国道6号線を行く・・

すれ違う車は 宮城ナンバーが増えてきて そして 福島ナンバー、いわきナンバーが沢山行く

山元まで 行きは自動車道を利用したけれど 車窓から見える景色は 自動車道を挟んで まるで違う。
仙台からだと 右手には 綺麗に区画整理された田園風景が以前のように広がり
緑の絨毯を敷いたように 水田には規則的に稲が植えてあるのが見える

左手は海のほうになるのだけれど 
鬱蒼とした茂みの中に、時折 松の木が見える。針のような葉を赤く枯らしていて 幹は黒くなってカビているのか・・・?
色合いが健常な松とはそもそも異なってるのが遠くからも確認できるほど…

それでも 稲はないけれど 緑と提供しようとしているのか 
雑草たちが 茶色の世界にいくつか見え隠れしていて・・・

復興 ってなんだろう?

思っていたより なにも片付いていないように感じたのはなんでかな。。

山元インターを降り 6号線をずんずん進むと 大きな木々に囲まれたような山を切り開いた道を走る
右も左も土手でその土手の向こうになにも見ることができない。

標高は 16m

表示が出ていると同時に 「津波到達地点」と大きな看板が見える
何度も何度も・・・
その看板が登場する。
震災以降に設置されたものなんだなぁと推測される。

左手に海なんて見えないのに・・・

なだらかながら起伏のある道を対面通行で進んでいくと 左手の奥のほうに微かに海が見えた

6号線から 海まで・・・
さえぎるものは ない

海の高さが高く見える

まるで 海面が膨張しているように・・・
雨こそあがったけれど 灰色の雲が広がっているその下に その雲の色と同じ色をした
やや グレーのトーンをおとしたような海面がどんよりとした空を映し出す鏡のように大きく見えた

まるでまた ひと飲みで襲いかかるようなそんな色

この先 35kmは 通行止


あぁ そうだ・・・この先 相馬があって 南相馬があって 双葉とか。。。
とても綺麗な海岸線が広がるのに。。。

相馬に入ってから 6号線から左折してみた。
ひとたび 小さな道に折れると道路が悪くて 水たまりがたくさんある
海に向かって進む

水田に作付はしていない

130616_114747.jpg

ここのお百姓さんの大切にしてきた たんぼ
きっと 長い期間 たくさんの微生物を供給し いっぱい栄養をふくんだ そんな土だったはず・・・

130616_114740.jpg

除染 という名の放射能の除去によって 新たな土が提供されたとしても お百姓さんたちが 何十年もかけて作ってきた土の豊かさには 一朝一夕に得られるものではないから どれほど 辛い選択なのだろうと思う


すっかり荒れた農地もだけれど 果たしてここは 農地だったのかさえわからないくらいになっている
もしかしたら 家が建っていたのかもしれないのに。。。

130616_114733.jpg

東北には 農家にとくに見られる景観として いぐね がある
のですが・・・

お家の敷地に 建物を囲むように大きな木々をしつらえます
風など吹いても大丈夫
昔から 自然をちゃんとわかって 生活してきた東北のひとたち。

いぐね ですら すでに 伐採されたりで・・・
そこで生活していた人にとっては 手足をもがれるような思いだったことだろうと… 

130616_115020.jpg

そして 松川浦へ・・・

松川浦漁港

陥没した市場の跡・・・

130616_131515.jpg


流出して また 辿り着いたのか・・・いろんなものが・・・

130616_131616.jpg

波の勢いを感じることができるアスファルトの損壊

130616_131416.jpg

ことりたちは 殺風景な景色の中で おしゃべりを続けている

130616_131603.jpg


市場の中は 水滴が落ちる音が響いている
無機質なまでに・・・
恐ろしささえ感じる

130616_131717.jpg

テトラが見える海。

130616_131358.jpg


その向こうからやってきた 大きな波が 私の脳裏に浮かぶ

高い建物はない

橋は通行止め。あれから二年が過ぎて…


360度の大パノラマが私の存在を飲みこもうとしているように感じた



福島 を フクシマ にしないために

今を生きる私たちにいったいなにができるのだろう


これからのこどもたちに なにを伝え 遺していけるだろうか?


2年すぎて どうすることがいいのか?なにをしていくのがいいのか?
みな 彷徨っているのかしらと思わざるをえない 福島の旅になりました

ここで テントの下で 復興会議やったらいいのに・・・
机上の空論 @ Tokyo ??




 

スポンサーサイト
  1. 2013/06/16(日) 15:36:46|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宮城県亘理郡亘理町 鳥の海界隈・・・ | ホーム | 雑巾・・・おひさまやさんから・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/395-d5575c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。