『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グリーンタウンやもと仮設住宅・・・バネルシアター

東松島市 大塩にある グリーンタウンやもと 仮設住宅

130926_145727.jpg

ここへ 兵庫県から トンおじさん がやってきてくれました

131009_150758.jpg

パネルシアター をしながら 
あの阪神大震災のときも 
たくさんの子供たちに笑顔をよみがえらせたおじさん。

仮設にいる おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん・・・
みんなに いっぱい笑ってもらえるようにと やってきてくれました

20名くらいの住民が見に来てくれました

♪ 知床旅情 から スタートして・・・・

131009_150254.jpg

こばなし 3つ
軽快な 関西弁 が 元気のみなもと

たくさんのおはなしの中で もっとも 私が見たかったもの・・・

「稲むらの火」
131009_152423.jpg

いつか・・みてみたいと思っていました

和歌山にある広川町 で昔あった本当の地震、津波のはなしです。
おおきな地震がきて 津波がやってきた
街のひとが迷わないようにと 稲むら(刈り取ったあとの藁の山)に火を放ち 山のうえにみんなを避難させたという悟陵さんのお話。

131009_153543.jpg

131009_153106.jpg

131009_153451.jpg


そののち 次なる災害に備え 自分の財産を使って 堤防をつくり広葉樹を植えたというところまで お話で知りました。

131009_154220.jpg

聞いていたおばちゃんの中に 出身が岩手県の沿岸部だという人がいて そのおばちゃんは 小学校のときに
習ったという話をしていました

悟陵さん・・・千葉県 ヤマサ醤油の6代目だそう。

津波の話や地震の話をしていいかどうかと迷っていた トンおじさんでしたが
ぜひ やってもらいたいという気持ちで 仮設住宅のほうでこのお話については ご了解を得たかたちで
実施してくださいました。


終わってから お茶飲み。

131009_162529.jpg

いろんなお話を阪神のときのこと これからのこと・・・・

とおく こんなに時間がたってからもきてくださるという 嬉しい時間となりました

翌日 翌々日と 石巻市内の3つの保育所(牡鹿地区、水押、渡波)
へ廻って 子供用の楽しい時間を提供してくれました


たくさんのひとたちに支えられて こうして いろんな出会いがあります

感謝!感謝!で いっぱいです。

130926_145720.jpg

トンおじさん ありがとうございました


スポンサーサイト
  1. 2013/10/10(木) 22:34:30|
  2. 東松島 仮設住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<石川県立小松工業高校へ 行ってきました | ホーム | トマト劇場 石巻市立大川保育所へ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/430-4a834120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。