『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

繋ぐチカラ

桜が満開を過ぎて…散りはじめてきています
桜の花びらは儚く…

3年を過ぎると生活の基盤が安定してきている人たちとまだ立ち直れていない人たちと。

『支援する人たち』も激減。


延べで数えたら国民の何パーセントの人たちが支援にきてくださったり心をかけてくださったのだろうとふと考えてみた


支援て 『いちげんさん』でもいいと思うのね


やりたい気持ちがあってもやれる状況にないひともいるし…

1日とか1回だけならなんとかやれるって人もいて…

1度だけだと誠意がないとか 情報発信力がないとか 言うひともいるけど…


たくさんやれるひと
おっきな支援ができる人ばかりが 信用されたり 偉いなんてことないんだと思う

ココロは…そこにある
いつも(被災地のひとたちを)忘れないでいるよ

ココロは…
カタチがみえるものではないからこそ表情や言葉で優しく
すくいあげていきたいと思う


勉強の合間に時間を作り まだ会ったことさえない自分より小さな子供たちのためにと…
自分たちの『今』の知識や技術で作ってくれたり考えてくれた高校生たちの気持ちを大切にしていきたいものだなと あるやりとりの中で受け止めることができました。


どの地域の人にも平たく 同じように温かな気持ちをかけていきたい
自分さえよければ…という考え方を平気で口にする人もいるけれど…
そうじゃないと思う

被災したから なんでも言っていいということじゃないと思うし
自分たちだけに支援してほしいなんて 言ってはいけないんじゃないかなと・・・


どんな子供たちにも 未来を投影できるように 考える力をつけたい

考える子供たちになってほしい

支援は
される側ももちろんだけど
本当は 支援している側が 学びをもち 工夫もし 想像力を働かせ 成長していくものだと 関わってくれた全国の生徒さんや学生さんが教えてくれました

ありがとう  が

笑顔に繋がるようにと ひとりで立ち上げて運営してきたけれど

                     日本の未来も棄てたもんじゃないな

ということ…
若いチカラに驚きます



小さくても
目立たなくても
誰かにチヤホヤされなくとも
自分のココロが指差すところへ向かうチカラ

それこそが いま 必要なことなんだなと思っています
スポンサーサイト
  1. 2014/04/22(火) 09:18:02|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<つづいて・・・南三陸町 あさひ幼稚園へ・・・ | ホーム | 小松工業高校のみなさんが 被災地へ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/479-c8e8b377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。