『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グリーンタウン矢本 内海自治会長 お疲れさまでした

グリーンタウン矢本(仮設住宅)
宮城県東松島市にあります
被災後から 気になっていて 一番最初に行った仮設住宅でした。

集会所の前で話したこと
内海さんのお部屋の前はいつも沢山の花があったことが印象に残ります。

この日は 東京農業大学の学生さんたちも来てくれ 塩釜のボランティア・希望 ベルギー観光局 そして地元のJA石巻の若者たちも・・・

140809_161715.jpg

この日・・・
あの日から この仮設で自治会長をしてくださっていた 内海ご夫妻が
この仮設を卒業することになり
今 残っているボランティアの人で 感謝の会をこっそり 企画したのでした

東京農業大学の女子学生が お話しています。

140809_162742.jpg

たくさん たくさん いろんなことを教えてもらったと・・・
この学生さんたちは 自分たちの学んでいる農業を通して 仮設にいる人たちを元気にしてくれました。

ベルギーの観光局のかたもお話。
ちょっとすでに酔っ払っていた感じなので 写真なし。

そして 塩釜のボランティア 希望 会澤さんご夫妻。
この仮設で当時 欲しかった「毛布」をお願いしたところ いち早く 提供してくれました。
あの年の夏にひょんなことから 千葉県でのイベントに招かれた先で
お目にかかり そこから こうしてつながっていくことができました。
このことで 「毛布」もいち早く 会澤さんへ連絡することができたのです。

140809_165228.jpg

いつも気持ちよく ボランティアに入れる基盤を作ってくれた内海夫妻には感謝でいっぱいです。

そして 東京農業大学の先生もお話してくれました

強くなる → やさしくなる
そういうことだね。と・・・
give じゃなく with の関係性というのを 未来を生きる学生たちに教えているということも
このボランティアを通して 伝えてきたとおっしゃってました。

コミュニティガーデンを通して 人と人のかかわり方について 学びの場を与えてもらったと・・・

140809_165741.jpg

私も少しお話させていただきました。

そして 内海さんからご挨拶。

あまり人と関わるようなことをしたいと思わなかった自分が この震災で不思議と
「ひとりじゃなくてよかった」
そんなことを思ったそうです。

特に内海さんの奥様は 車に乗っているときに津波に呑み込まれ 鳴瀬川(1級河川)に引き込まれ
川に浮いていたとき 浸水してくる中 空が一段と美しく 星が輝いていたとまるで懐かしい素敵な夢の話をするように
私に話してくれたことを思い出します。
寒さの中 残った電源がなくならないうちに つながらない携帯でメールを娘さんに打ったそうです。

先に逝くから・・・今までありがとう

と・・・

そして 生きて助けられ 仮設に入るとき 
同じ傷を持ったひとたちがここに居ること
そして ボランティアのひとたちが来てくれること

誰かがいるって 嬉しいと思ったそうです。

140809_170856.jpg

最後に 会澤さんのご主人がお話して この会を終えました



内海さん 今まで たくさん ありがとう。

スポンサーサイト
  1. 2014/09/23(火) 10:34:14|
  2. 東松島 仮設住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新聞に掲載されました | ホーム | 「稲むらの火」 登米市立米川小学校にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/496-fd575bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。