『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パネルシアター 手紙とブックレットが到着しました

登米市立米川小学校 で パネルシアタアー を実施してから
だいぶ経過しました

なんと4年生が書いた「感想」が手元に届きました
佐々木校長先生のお手紙も一緒に。。。。

141010_074838.jpg

子供たちがそれぞれに感じたことが綴られています
子供たちが最も不思議に思っていたことがわかります

なんでパネルに絵がくっついて落ちなんだろう?

パネルシアターを初めて見たという子供たちが多かったので
微妙な傾斜のあるパネル(ネルの素材でできています)に いろんな絵(こちらは不織布でできています)が
まるで 魔法のように貼り付くように見えていたんですね。
面白いなと 思ってくれていたということが子供たちの感想文からくみ取れました

地震と津波の話

大きな地震と津波を体験してから3年少しという段階で
この話をどう受け止めたのか 気になっていました。
心の奥にあるよどんだつらいことが吹き出してしまうのだろうかとか・・・
はたまた こういうことがあったら 自分はどんなふうに行動するだろうかと考えるのだろうかとか・・・
正直 不安もありました
でも 子供たちは(感想を見る限りですが)力強く 未来を見ているようでした。

印象に残った言葉をいくつか・・・
・命の大切さを知ることができました。
・稲むらに火を付け村人に知らせたことでみんなが神社まで行けたことが心に残った。
・津波が来たあとに防波堤を作ったことがすごいと思った。
・稲むらに火を付けて米よりも(なによりも)命が大事だということが分かった。
などなど

これから 災害がきても 子供たちは子供たちなりの決断をして
命を守る行動をとることができることでしょう。

そして 子供たちを支えていらっしゃる米川小学校の先生たちに 感謝です。
ひとりでも多く 素晴らしい子供たちを・・・

貴重な感想文(オリジナル)をありがとうございました。

米川小学校の子供たち~ 先生たち~ 応援しています~ 


そうしたらどうでしょう
今度は パネルシアターをしてくださった トンおじさん からいつもの ブックレットが到着 しました。

141022_184015.jpg

東馬場さんからいつものように届く 被災地の子供たちの様子。
いつもゆっくりとお話できるときがなく 本当に申し訳ない気持ち

相川保育所
井内保育所
東松島の大塩保育所
大曲小学校の学童保育


どれも行くことができなくて ちびっこたちがどんなに楽しかったのか 実際には見てないのですけれど
こうしてブックレットにしてもらうことで どんなに楽しい時間を過ごしていたのかわかります 

忙しい中 遠くからおいでくださり
そしてこうして 振り返りをして 被災地の子供たちにたくさんの笑顔を届けたことを
記録しているということに脱帽。

今年もおいでくださり 本当にありがとうございました。

今度は私が兵庫へいきまっせ。
って言ってから・・・
骨折してる場合じゃないやんな~ 

東馬場さん ありがとうございました
スポンサーサイト
  1. 2014/11/03(月) 12:27:17|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第19回 北國 あすなろ善行賞 受賞! 石川県立小松工業高校  | ホーム | スタイが到着しました・・・あとりえ・オハリコさんより支援卒業製作>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/501-2b552cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。