『小さなプロジェクト』〜笑顔を繋ごう〜

『小さなプロジェクト』   〜Smile makes smile〜    3.11 巨大地震と津波に翻弄された被災地から 自ら立ち上がるために… 子供たちに 笑顔が生まれるように…

パネルシアター トンおじさんがまた宮城に来てくれました!!

パネルシアター

といえば こりす雑貨店の3人
そして
トンおじさん こと 東馬場亮次さん

遠く兵庫県明石市から飛行機でおいでくださいました。
今回のアシスタントさんは 中部国際空港から・・・そう 名古屋から飛んできてくれました。
なんと 震災2年目のときに一度いらしたそうで 今回は2度目の宮城県。

ようこそ。

今回は 以下のような日程で廻ります。

6月6日(月)
10:00~ 石巻市立飯野川保育所
13:00~ 石巻市立相川保育所

6月7日(火)
10:00~ 石巻市立蛇田保育所
13:00~ 多賀城市立天真小学校 4年生


ということで 開催します。

特に多賀城の天真小学校では 60名ほどの4年生のみなさんに防災教育としてパネルシアターをします。

「稲むらの火」 

[あらすじ]
江戸時代(1854年),紀州の廣村(現在の和歌山県有田郡広川町)に大きな地震が起きたときに,村人の命を救った濱口梧陵の物語である。
 村の高台に住む庄屋の梧陵さんは,地震がきたときに井戸の水がなくなり,海水が沖へ退いていくのを見て津波が来ることを予測し,刈ったばかりの稲の束(稲むら)に火をつけて火事と思わせて村人を高台に避難させたという物語。

 ・ 1854年(安政元年)11月5日 午前10時 安政東海地震 発生
 ・ 同日 午後4時発生 安政南海地震 発生
 ・ 全国で数千人が死亡

東馬場さん 先日 和歌山県の広川町にある「稲むらの火記念館」へ行って来られたとのこと

   記念館HPはこちら 

お土産をいただきました。

160605_155552.jpg

濱口梧陵さんは ヤマサ醤油(現在は千葉県銚子市にあります)の創業者の一族であることから
お醤油。

160605_155513.jpg

ほら 書いてあるでしょ?
 
160605_155523.jpg

奇しくも 昨年 この日
 11月5日を「世界津波防災の日」として国連決議で決定しています。

国連総会 第2委員会は 2015年12月4日に 「世界津波の日」を11月5日にすることを
全会一致で採択しています。
東南アジア、南米など 142カ国の共同提案に基づくもので
上記に記載した 1854年11月5日 和歌山県廣村で起きた安政南海地震に於いて 当時 紀州藩の 濱口梧陵さんが村人を助けるために稲わらに火を放ち 救ったことにちなみ 11月5日を世界津波の日として 防災に取り組むことを決めました。

すでに 日本国内では 3月11日を「津波防災の日」として決めていますが 世界へ 津波、地震の恐ろしさとその教訓を踏まえて防災に取り組むべき提案をしていけたらいいなと思います。

トンおじさんのような活動がきっと 子供たちの心になにかを残してくれると思います。

また 多賀城は 今年度から 宮城県多賀城高校へ 災害科学科が設置されています。
このような取り組みをしている高校は 兵庫県に1つ 兵庫県立舞子高校 環境防災科
あわせて 2つの学校しかありません。

宮城県多賀城高校 HP  
多賀城高校
兵庫県立舞子高校 HP
舞子高校

防災、減災に重要性を見出して その道へ進む子供たちもいるかもしれません。

当日 天真小学校へ 私も行きます。
バージョンアップした 稲むらの火 
天真小学校の学区(地域)も 3月11日は 浸水し被災しています。
そんな地域に住んでいる子供たちが なにかを感じてくれるかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/05(日) 18:57:09|
  2. 日々・・・想うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<防災教育 パネルシアター 多賀城市立天真小学校へ | ホーム | 雑巾と文房具を届けました・・・前谷地保育所へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://projectsendai.blog.fc2.com/tb.php/552-b8d933d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)